60歳以上の8割が白内障って本当?

60歳以上の8割が白内障って本当?

今回は、白内障について、特に、60歳以上の人が白内障なのか?

という事についてお話しします。

 

白内障の原因とは?

そもそも白内障の原因とは何でしょうか?

大きく分けて2つの原因があります。

一つは糖尿病等の疾患や外傷によって発症するケースです。

もう一つのケースは、加齢によるケースです。

白内障の多くは、この加齢によるケースでの発症が多く、

40代から発症する人もいます。

60~70代の人の8割が、80代以上の人の9割り以上が

なんらかの白内障を発症しています。

では、具体的にはどんな症状があるのでしょうか。

次の項目から説明していきます。

60歳以上の8割が白内障って本当?

白内障の具体的な症状

まぶしい・目が霞むといった症状はありませんか?

白内障の初期に起きる症状でもっとも多いのがこの症状です。

眼の水晶体が濁ってしまう事が白内障の原因としてありますが、

この濁りによって目が霞んだり、濁りのところで、

光が反射することで光って見えることがあります。

他にも、暗いところで見えにくいという事はありませんか?

白内障は高齢になると、水晶体が濁るだけではなく、

黄色くなっていきます。このようになると、暗いところで見えにくいという症状があらわれます。

そして、像が重なって見えることはありませんか?

水晶体の濁り方によっては、物が二重三重に見えることがあります。

また、全体的に視力が低下して、見えにくくなっていませんか?

水晶体が濁ってしまうわけですから、当然視力も低下してしまいます。

加齢白内障以外の白内障

 

気になったら眼科で相談を

具体的な症状についてお話しさせていただきましたが、

いずれかの症状に該当する方は、眼科の先生に相談するのが良いです。

特に、60代以上の人は、8割以上の人が白内障を患っている

というお話をさせていただきましたが、

高齢になればなるほど、何かしら健康に問題を抱えるものです。

現在、いずれの症状にかかっていなかったとしても、

高齢の方は定期的な検診を眼科で受けることをお勧めします。

白内障手術のデメリットとリスク

業界最安値!1本2125円のクララスティルはコチラ!

 

関連記事