白内障にいい栄養・食事のとり方は?

 

白内障にいい栄養・食事のとり方は?

○ダメージを吸収してくれる抗酸化物質

白内障にいい物質の一つは抗酸化物質といわれるものです。

アントシアニンが一番有名で、ブルーベリーに含まれているものです。

だから目にいいのはブルーベリーという話が広まっています。

では、抗酸化物質とは何でしょうか?

それはまさにダメージを吸収してくれるものです。

特に目は光のダメージ・直接的なダメージが蓄積しやすい場所です。

酸化が起こりやすいのです。

酸化とはダメージの加わり方の一種で、その部分が酸素によってさびていくことをいいます。

さびてしまえば目はわるくなってしまいます。

透明だった水晶体は白くなっていってしまいます。

しかし酸化のダメージを体の代わりに受けてくれる物質があります。

それこそが「抗酸化物質」と呼ばれるものです。

大切なのは一度にたくさん食べるのではなく、続けて少しずつ摂取することです。

一気にたくさん摂取したほうが簡単ですし体にもよさそうな気がしますがなぜ少しずつ摂取したほうがいいのでしょうか?

白内障にいい栄養・食事のとり方は?

目は毎日ダメージを受けています。光を見ない日はないでしょう。

目を全くこすらないというのも難しいものです。

そうやって毎日ダメージが蓄積していくのです。

例えば水道管に水あかがたまるようなものです。

最初はちょっとですが、どんどんたまっていくと水あかは固くなって落ちなくなってしまいます。

そこで定期的にちょっとずつ汚れを落としておいたほうが水道管はきれいに保てます。

目も同じです。

ダメージが蓄積してこびりついてしまうと落とすのは難しいのです。

こまめに汚れを落としていけば汚れは残らず、もともとあった汚れまでもきれいにできることがあるのです。

 

 

では具体的に抗酸化物質をみていきましょう。

先ほどお話ししたブルーベリーに含まれるアントシアニンが有名ですが、それ以外にもたくさんあります。

ルテインカシスも有名です。

特にルテインは目に集まってくれる抗酸化物質です。

そのため目のダメージをより効率的に消去してくれます。

黄斑変性など他の目の病気に対しても有効であるといわれています。

また非常になじみ深いビタミンCも抗酸化物質です。

 

 

ではどうやって抗酸化物質をとればいいのでしょうか?

前述の通りアントシアニンが含まれているものではブルーベリーが有効です。

フルーツとして売っていますので食べてみましょう。

ルテインはマリーゴールドという花に含まれていますし、ケールやゴーヤにも含まれています。

一般的に食卓に並びやすいものとしてはホウレンソウがあります。

ホウレンソウには1束に20㎎のルテインが含まれているといわれています。

1日10㎎とれば十分ですから半束で大丈夫です。

ホウレンソウやケールにゴーヤ。

どれも緑色の濃い野菜であることに気づくと思います。

色の濃い野菜はそれだけ太陽の光を吸収しています。

外に出るとき、濃い色の服を着ていると日光を吸収するように色の濃いものはそれだけ太陽の光を吸収します。

光に対する抵抗力を多くもっているものが色の濃い野菜なのです。

ですからあなたがホウレンソウを苦手としていても「色の濃いものを食べる」と覚えておくとよいでしょう。

 

chat-vegetable-berry-600x445

 

 

○バランスの整った食事

どういう食事が目にいいといえるのでしょうか?

抗酸化物質は重要な要素ですが、何より一番はバランスのよい食事です。

いくら目にいいものだからといってそれだけをたくさん食べるのは間違いです。

できれば食事も3食とりましょう。

食事を抜いてしまうと血糖値の上下が激しくなり、血管にダメージを与えてしまいます。

目にもダメージをもたらしてしまうのです。

食事をとるときはファストフードのような食べ物は避けましょう。

甘いものやスナック菓子をたくさん食べてしまうことも勧められません。

一番いいのは日本食です。日本食はバランスの整った食事だからです。

ただ注意点としては塩分が多くなりがちなので、塩分を抑えることです。

減塩醤油を使ったり、味噌も使い過ぎたりしないように気を付けましょう。

AGEを少なくするのもポイントです。

AGEとは「終末糖化産物」といって体の老化を加速する物質です。

これをとりすぎると老化が促進されて白内障が進んでしまいます。

ではどういうものにAGEが含まれているのでしょうか?

54aba856de7944ae255d75bfa29661ef_t

 

一番よくないのは清涼飲料水です。

コーラやジュースなどはこのAGEが多く含まれています。

また短時間で強く加熱調理をして焦げがついているようなものにも多いです。

例えばベーコンを焼いたときなどにはAGEが増えます。

でも毎日の食事では加熱調理して食べるものは多いです。

どうすればいいでしょうか?

その場合は強火で短時間ではなく、弱火や中火で時間をかけて調理をすることが大切です。

ゆっくり加熱すればそれだけ不必要なAGEが発生しにくくなります。

 

まとめ

 

目にいい食べ物、白内障にいい食べ物はさまざまな研究によって多く発見されています。

他にも体に良いとされている食べ物ってたくさんありますよね?

しかし、どんなに体に良い食べ物や成分でも摂りすぎはNGです。

そのような成分を取り入れつつ、常にバランスの良い食事を心がけましょう。

日頃からバランスを気にした健康的な食事をとっていれば、心も体も健康を保てるはずです。

 

44c5b4444f6ddfc16061f53c4899d78e_t

 

 

業界最安値!1本2125円のクララスティルはコチラ!

 

 

関連記事

  • 白内障とは白内障とは 白内障は、目の水晶体という部分が白く濁ってくる病気です。白内障の多くは加齢によるもので、老人性白内 […]
  • 白内障の手術後のケア白内障の手術後のケア 白内障の手術後のケア 白内障の手術は、片目であれば5~10分ぐらいで終わります。ですが、手術が終 […]
  • 白内障の手術以外の治療方法白内障の手術以外の治療方法 これまでは「目薬では白内障の進行を遅らせる効果しか期待できない」「白内障の治療には手術(水晶体を除 […]