人間の目の構造-ものを見るときの仕組み-

人間の目の構造-ものを見るときの仕組み-

人間の目は、直径が平均3センチほどのまん丸の形をしています。

眼球はよくカメラに例えられます。

「虹彩」(こうさい)がカメラの光を調節する絞り、

「水晶体」がレンズ、「網膜」がフィルムの役割を担っています。

人間の目の構造-ものを見るときの仕組み-

 

視覚は五感において最も大きな部分を占めるもので、

人間が外界から得ている情報の80パーセント以上

視覚情報であると言われています。

人間がものを見るとき、どのような仕組みで見ているか簡単に説明します。

 

ものの見え方

 

【角膜】いちばん表面にある透明な組織

外から入って来た光は、黒目のいちばん表面にある角膜という

透明な組織に当たりここで屈折します。

 

【虹彩】光の量を調整するカメラの絞り

虹彩はカメラの絞りにあたる組織です。

虹彩には瞳を縮めようとする働きと、広げようとする働きがあり、

それによって瞳の大きさが変わります。

明るい光が入ると小さく、逆に暗くなると大きくなり、

眼内に入る光の量を調整しています。

通常の瞳の大きさは2~3ミリぐらいです。

 

【水晶体】光を屈折させ、ピントを合わせるレンズ

虹彩を通った光は、その奥にある水晶体でもう一度屈折し、

眼底にある網膜に像を結びます。

水晶体はカメラのレンズにあたります。直径9ミリぐらいのもので、

白内障はこの水晶体が濁ってくる病気です。

水晶体はチン小帯、あるいは毛様小帯という

非常に細いクモの巣のような組織によって360度吊られて

毛様体に固定されています。

毛様体の筋肉を使ってレンズの厚みを変化させ、近くを見る時は厚く、

遠くを見る時は薄くなってピントを合わせています。

 

【網膜】フィルム

眼底にある網膜は、フィルムにあたる大切な部分です。

網膜の端の方が白黒フィルム、真ん中がカラーフィルムです。

水晶体と網膜の間は、透明なゼリー状の硝子体で満たされていて、

これが眼球の形を保っています。

網膜に届いた光は網膜の神経が束となった視神経を通り、

脳にたどり着くのです。 

 

白内障はなぜ起こるの?ー白内障と水晶体の関係ー

まとめ

今回、改めて目の仕組みを見てみました。

イラストや文章でもわかるように、

目という器官は非常にデリケートで弱い部分です。

日頃から生活に気を付けていても完璧に目の劣化を防ぐことは

難しいでしょう。

定期的に眼科で検診を受けたり、目薬などのセルフケアで

目の健康を保っていきましょう。

白内障の手術後のケア

 

最安値!1本2125円のクララスティルはコチラ!

 

 

関連記事