~白内障の検査についての紹介~ | 白内障の目薬治療法

~白内障の検査についての紹介~

白内障の検査は、問診から始まり、基本検査、白内障を診断する検査、手術予備検査へと進みます

今回は白内障の検査について取り上げていきたいと思います。

白内障の検査は問診から始まり。基本的な眼科検査である視力検査、屈折検査、眼圧検査、眼底検査を行います。

症状の進行が進んでいる場合、眼底検査を補足するために、「網膜電図検査」が行われることがあります。

眼科の基本検査に加えて、白内障を診断する検査に進みます。

水晶体の混濁の度合いを調べる細隙灯顕微鏡検査は白内障の診断に欠かせません。

さらに、白内障手術の予備検査として、角膜の透明度を調べる「角膜内皮細胞顕微鏡検査」も行います。

治療法としてすぐに手術を選択される場合は「超音波眼球検査」を行い、手術で使用する眼内レンズの度数を決めます。

これらの検査の結果から医師が白内障の種類や進行具合を診断して、治療法を考えていきます。

 

 

~白内障の検査について~

 

 

白内障を診断する為に行われる検査

 

 

問診 筆記や口頭で医師に症状を伝える

 

視力、屈折検査 視力や目の屈折具合を測定する

 

眼圧検査 眼球の網膜や視神経の状態を調べる

 

網膜電図検査 電流で眼底の網膜の状態を観察する

 

角膜内皮細胞

顕微鏡検査 角膜の透過度を調べる

 

超音波眼球検査 超音波で眼球の状態や長さを調べる

 

 

publicdomainq-0008739nry

「白内障の問診」でも、気になっている症状や経過をきちんと医師に説明しましょう

 

白内障の検査においても、最初に行われるのが「問診」です。

やはり、正確に自分の現在の症状を説明することが大切です。

当初の問診で、医師への情報の伝え漏れがあると、適切な診断や治療を受けらなくなる可能性もあるので,気をつけましょう。

患者さんへの「問診」から必要な情報を得て、医師は白内障かどうかを診断し
た後、具体的な検査、治療へと進んでいきます。

白内障の治療法では、手術が行われることも多く、患者さん自身に負担がかか
らないように、手術の時期や水晶体に入れる眼内レンズについて、生活スタイル
医師に説明することも重要になります。

病院を訪れる前に、左記の質問事項を参考にしながら、現在の症状やアレルギー、
服用している薬、過去の病歴、家族の病歴などを把握しておきましょう。

問診で事前に問診で聞かれることを確認しておこう。

◆いつからどんな症状があるか?
例) 2ヵ月前くらいから、外に出る時にまぶしさを強く感じる

◆現在、目に痛みはあるか?
痛みはないが、目がいつもより疲れる

◆現在、目の症状以外にも症状はあるか
例)肩こりがひどくなっている

◆症状が出る以前の視力は?
例)裸眼で右が0.2、左で0.6、眼鏡をかけて左右とも1.0

◆他の病気があるか?ある場合、その経過は?
例) 2年前からアトピー性皮膚炎でステロイド軟膏を処方されている

 

◆現在、服用している薬はあるか?
例)糖尿病なので、グリベンクラミド(スルホニル尿素(SU)
尿素(SU)薬)を服用

◆薬のアレルギーはあるか?
例)ペニシリン系の抗生物質

◆これまでに目の病気やケガをしたことがあるか?
例)バイクで走行中に転倒し、右目の周りを打ったことがある

◆家族で目の病気にかかった人はいるか?それはどのような病気か?
例)叔父(56歳)が白内障になっている

◆喫煙をしているか?
例) 5年前まで吸っていたが、
現在は禁煙している

◆その他、気になっている症状について
例)以前、仕事で2年間ほど、東南アジア(日差しの強い地域)にいた

 

 

白内障の目薬の副作用・他との併用について

 

まとめ

今回は、白内障に関連する検査についてご紹介させて頂きま

検査といっても様々な数、種類があり、混乱してしまうこともあると思います。

しかし、詳しく見ていくと、症状の原因の一つ一つを調べるうえで重要なことであることは

確かです。

受ける側も手間もかかり、不安も大きくなってしまうものですが、意図や目的を理解していくこと

で、治療や改善の1歩へ前進して頂けたらと思います。

しかし、誰だって手術は避けて通りたいものです。

治療方法の1つとして、今は白内障は目薬でも治療することもできます。

しっかりと状態を検査し、自分にあった白内障治療をみつけて頂きたいと思います。

 

15-1

Nカルノシン点眼薬 クララスティルはコチラ!

 

 

関連記事