白内障の症状

 白内障にはどのような症状があり、どのような速度で進行するのでしょうか。この記事では、これらの話題についてご紹介します。

まず、白内障とは、眼の中のレンズの役割をする水晶体が濁ってしまう病気です。水晶体が濁ると、光がとおりにくくなります。

白内障の原因の90%は老化で、早い人だと40歳から発症します。老化のため酸化防止剤カルシノンの生成能力が低下します。そうすると、酸化防止剤が不足するため水晶体が傷つき、混濁していきます。60歳代70%80歳以上の人だと100%の人が白内障を発症します。

ですが、白内障の症状は、初期段階と中期~末期段階では違います。

d5ba5784c832b7633d0995d4a519f402_s

白内障の初期症状

夜間の街灯の様子

街灯がまぶしく見える様子

白内障の初期症状はわかりにくいです。

痛みを感じることはありません。よほど進行していないと、一般の方が判断するのはとても難しいです。

ただ、白内障の初期には、特に強い光を夜見た時に「光がまぶしく感じる」ことがあります。これは水晶体の濁りによって光が乱反射するからです。 

逆に、白内障の初期には光が眼の中に十分に入らなくなって、物が薄暗く見えることもあります。

ですから、光がまぶしく感じられたり物が薄暗く見えるようになったら、眼科の診察を受けて下さい。

少し進行してくると、眼鏡が合わない感じがしてきます。

白内障の中期~末期症状

霧がかった視界

霧がかった視界の様子

白内障がさらに進行して中期になると視力が落ちてきます。このため、眼鏡を合わせても視力が出なくなります。

そして、水晶体の濁りが中心部にまで及んできます。このため、眼がかすむようになり、霧がかかって見えるようになります 

また、白内障の中期になると、物が二重三重にだぶって見えることもあります。

白内障が進んで末期症状になると、水晶体の濁りが強くなります。こうなると、外見からも瞳孔が白く見えるようになり、どんどん水晶体が縮小して硬化します。最悪の場合、失明することもあります。

白内障の進行速度

アーモンド

白内障の進行を抑える食べ物

白内障の進行速度は、人によって個人差があります。

発症して2~3年で不具合を感じる人もいますが、20~30年経ってもほとんど進行しない人もいます。

定期的に眼科検診を受けると、白内障を初期段階で発見しやすいです。また、抗酸化作用のあるビタミンEを含んだ食品を摂ることや、白内障の原因の一つである老化によって減退していくカルシノンを補う「非加水カルシノン」含有の目薬を点眼することも、白内障を予防する効果があるとされています。

ビタミンEを豊富に含む食品には、せん茶の茶葉、とうがらし、アーモンドなどがあります。

非加水カルシノン」含有の目薬にはクララスティルなどがあります。

 

 

→非加水カルシノン含有目薬クララスティルはこちらから

関連記事