白内障の検査の種類はご存知でしょうか

白内障の検査の種類はご存知でしょうか

白内障の検査は、眼科検査である「視力検査」、「屈折検査」、「眼圧検査」、「眼底検査」から始めます

間診を終えた後、患者さんが訴える目の違和感の原因を調べるために基本的な

眼科検査から始めます。

その原因が近視や乱視など目の屈折異常によるものか、
他の病気によるものかを観察します。

一般的には、まず、基本的な眼科検査「視力検査」、「屈折検査」(※1)、眼圧検
(※2)、眼底検査 (※3)が行われます。加えて、白内障の症状が進行して水晶体に濁りが強く、通常の眼底検査からは網膜の状態が把握できない場合は、「網膜電図検査」が行われます。

この検査は眼内の微弱な活動電流を記録して、その波形から網膜のはたらきを調べるものです。

病院や医師の判断によって、白内障の診断をするために活用される基本検査の
種類や器材はさまざまです。ホームページなどで、検査について公開している病
院もあるので、事前確認をしてみましょう。

※1   屈折検査 網膜に焦点を合わせるために角膜や水晶体で行われる屈折機能に異常が     ないか調べます。

※2 眼圧検査 眼球と接触して測る「ゴールドマン眼圧計」、眼球と接触せずに測る「空気眼圧計」などを用いて測定されます。

※3 眼底検査 瞳孔から眼球のいちばん奥の部分である眼底を観察して、眼底の血管や網膜、視神経、硝子体の様子を調べます。

※4 網膜電図検査 電極を埋め込んだ特殊なコンタクトレンズを装着し、眼球内の網膜に光を照射する。

 

基本的な眼科検査

視力検査→屈折検査→眼圧検査→眼底検査→(水晶体の混濁が強い)網膜電図検査

 

 

 

白内障の検査の種類はご存知でしょうか

 

 

白内障を診断する 「細隙灯顕微鏡検査」「角膜内皮細胞顕微鏡検査」を行います

服科の基本検査に加えて、白内障を診断する検査に進みます。

細隙灯顕微鏡検査(※5)」は、白内障を診断するために欠かせない検査です。

細い隙間を通して目に光を当て、顕微鏡で目の中をのぞいて、角膜や水晶体の状態を観
察します。白内障を発症しているかどうか、水晶体が混濁している部分やその程
度がわかります。

さらに、白内障治療で手術が選択される場合、予備検査として「角膜内皮細胞顕微鏡検査(※6)」が行われます。

この検査では、角膜内皮細胞の数の減少によって、角膜の透明性が失われていないか調べます。

細胞の数が少ない場合、手術の方法や薬剤の使い方に配慮が必要となります。また、極端に少ない場合は、手術で視力回復が望めないため、手術が不可能な場合があります。白内障の手術と同時に角膜内皮細胞の移植を行う手術が検討されるケースもあります。

 

細隙灯顕微鏡検査 細い光で眼球の各部を照らし、顕微鏡で拡大して観察する

角膜内皮細胞顕微鏡検査  検査器で角膜内皮細胞を撮影し、細胞密度などを解析する

 

 

240_F_180333314_1umXDXwYh3lUEy02gOFfsAU07X6jKmYB

 

 

白内障を診断する検査を済ませた後、手術が選択される場合には、手術で使用
される眼内(人工)レンズの度数を決めるために「眼軸長測定」が行われます。

白内降の診断検査の結果で症状が軽度の場合は、経過を観察しながら、薬が処方されますが、日常生活に支障が出るほど症状が進んでいる場合は、手術による治療が行われるのが一般的です。

この検査で測定する「眼軸長」とは、角膜の頂点から網膜までの長さです。

白内障の手術の際に、混濁した水晶体の代わりに入れる眼内(人工)レンズの度数を、事前に決めておくために行われます。

眼軸長は個人差があり、眼軸の長い人は近視、短い人は遠視の傾向があります。

そのため、眼軸の長さによって、それぞれの人の眼内(人工)レンズの度数も違ってきます。

 

白内障の目薬の副作用・他との併用について

 

まとめ

 

今回も前回に引き続き、白内障の検査をご紹介させて頂きました。

一般的な視力検査などはよく耳にする検査であると、思いますが、今回あげただけでも

多くの検査がありました。思い返してみると、経験したことのある検査もあるかもしれませんね。

治療するにあたってもまずは病院で検査を行い、専門の医師からの診断を受けないことには、今、自分の目がどのような状態になっているか、把握することもできず、不安が募るばかりだと思います。

検査を受ける際に、これはどのような目的で行われているものなの知識としてあれば、自分の症状を

把握する手助けにもなって頂けたらと幸いです。

今回は手術を受ける前の検査としても紹介させて頂きましたが、白内障の治療方法は様々です。

手術以外にも薬や点眼薬で治療することも選択肢の1つです。

異常を感じたら、診断、検査を受けて自分にあった治療法をみつけて頂けたらと思います。

 

 

3ac0b0679b975c532184e5ef6be9255a_m

 

Nカルノシン点眼薬 クララスティルはコチラ!

 

 

関連記事