白内障の原因~ステロイド、紫外線、外傷性、先天性~

白内障の原因~ステロイド、紫外線、外傷性、先天性~

「ステロイド白内障」など薬の副作用により起こる白内障があります

(白内障の原因~ステロイド白内障、紫外線、外傷性、先天性~)

リウマチやアトピー性皮膚炎などの炎症を抑えて、痛みやかゆみを軽減するステロイド剤は、内服薬、注射薬、関節注入用薬、外用薬、吸入薬、点眼薬、眼軟膏など幅広く使用されている薬ですが、長期間大量に使用していると、副作用として白内障を発症することがあります。

ステロイド白内障」は、水晶体の後嚢の中央部が混濁する症状があらわれます。特に目の周りの皮膚は薄く、ステロイド剤の体内吸収率も高いため、眼軟膏などをぬる場合は注意が必要です。

また、統合失調症などに使用される、中枢神経や自律神経のはたらきた抑制す
抗精神病剤「クロルプロマジン」も副作用が強く、白内障を引き起こす関係性
があるとされています。

 

加齢性白内障の症状で眼科受診をしていても、過去に病気で使用していた薬が
あり、気になる目の異常があった場合は、医師に相談してみることが必要です。

どの薬の副作用が白内障を引き起こすのか、判断は難しいです。

現在使用中の薬だけでなく、過去に使用していた薬も含めて医師に相談してみましょう。

 

「ステロイド白内障」など薬の副作用により起こる白内障があります

紫外線や赤外線、放射線などを大量に浴びることで白内障にかかりやすくなります

 

白内障の原因~ステロイド白内障、紫外線、外傷性、先天性~

紫外線が降る量の多い地域ほど白内障になる人が多く、紫外線が原因となるものが、「紫外線白内障」といわれます。

 

加齢性白内障を発症する場合でも、紫外線を浴びている量が多い人ほど、症状の進行が早いという報告があります。

 

水晶体が常に紫外線を含んだ光を通すため、活性酸素が発生して傷んでしまうためとされます

 

ガラス職人や溶鉱炉で働く人のように、強い赤外線を日常的に浴びている場合は「赤外線白内障」になりやすいと知られています。

 

また、仕事や手術などで放射線を浴びた人は、その量が低いか高いかで症状の
あらわれ方は異なるものの「放射線白内障」を発症する可能性が高まります。

 

適切な白内障の治療を受けるために、職歴や過去に居住していた地域について、
医師に相談してみることも大切なことです。

publicdomainq-0008739nry

けがによる「外傷性白内障」や出生した時からの「先天性白内障」があります

白内障の原因~ステロイド白内障、紫外線、外傷性、先天性

 

外傷性白内障」は、目にけがをしたり、何かが刺さったりして、水晶体やその
周囲が損傷することで起こる白内障です。

(スポーツの際、目に球が当たるなど外傷によるもの。水晶体の傷から、j混濁が広がり、治療法は主に手術)

損傷をうけた部分によっては、すぐには症状があらわれず、長期間かけて少しずつ進行し、10年以上経過してから、疾障患が出てくることもあります。

外傷の種類によって治療の難易度も変わり、高度な技術が求められるケースもありますので、慎重に病院や医師を選びましょう。

 

先天性白内障」の原因は、遺伝や子宮内感染によるものが代表的なものです
子宮内感染は、母親が妊娠中に風疹にかかったケースがよく知られ、妊娠3ヵ月
までに感染した場合は、水晶体全体が白く濁ってしまう可能性があるので、経過
観察が重要です。

 

(遺伝によるものと、母親が妊娠中にかかった風疹によるもの。成熟白内障の場合は、早急に手術が必要)

子宮内感染は、母親が妊娠中に風疹にかかったケースがよく知られ、妊娠3ヵ月
までに感染した場合は、水晶体全体が白く濁ってしまう可能性があるので、経過
観察が重要です。

 

いずれの症状も、発症の仕方や進行の仕方に個人差があり、細やかな治療が必要です。医師と相談し根気よく治療を進めましょう。

15-2

 

 

まとめ

今回は、白内障に関連する原因をご紹介させて頂きました。

① ステロイド白内障

幅広く使用されている身近な薬でも、実は白内障を引き起こす原因の一つで

あり、目の周りなどにご使用する場合は注意を払いつつ、判断することが難しい

ものである為、些細なことでも医師に相談してみることがベストだといえます。

 

② 紫外線白内障(赤外線白内障、放射線白内章)

私たちが日常生活を送るうえで、紫外線は避けられないものであるといえます。

その中で、地域別に月ごと、日ごとの紫外線量が気象庁のホームページで確認でき

るので、外出の際は、帽子、サングラスで対策してみましょう。

 

③ 外傷性白内障

外傷によって引き起こされるもので、年月が経ってから疾患が生じるものもあり

、判断に難しいものでもありますが、もし発症してしまった場合は速やかに医師に

相談し、根気強く治療していきましょう。その中で、医師や病院も慎重に選んでいくことも大切であるといえるでしょう。

 

知識を持ってしても、実際に対策することも限度があると思いますが、もし、このような状況になってしまった場合、知っていることで少しでも、良い方向に進むこともあると思い、ご紹介させて頂きました。

 

OZPA87_shinsatusuruisya20140321_TP_V

 

Nカルノシン点眼薬 クララスティルはコチラ!