白内障の予防と進行抑制について

白内障の予防と進行抑制について

光に注意!

白内障は年齢がくると大なり小なり罹るものですが、

生活習慣を改め実行することで進行を抑えることはできます。

例えば、日差しの強い日は日傘やつばの広い帽子をかぶる、

サングラスをかけるなどして太陽光の目への直撃を避けましょう。

紫外線は白内障の大きな原因の一つです。

 

また、パソコンやスマホの画面を四六時中見ているような生活も危険。

人工光を見続けることで眼精疲労が抜けなくなると

加齢性白内障の発症年齢が下がってしまいます。

ゲームやネットサーフィンなどに熱中しても適度に休憩を取って

目を休めましょう。

また蛍光灯などの部屋の明かりも同様に危険です。

くれぐれも夜、明かりをつけたまま寝ないように。

白内障の予防と進行抑制について

活性酸素は目の敵!

 活性酸素それ自体は殺菌作用があり体内に有効な成分ではあるのですが、

ストレスや紫外線などの要因で増えすぎると体の老化が進みます。

シミやシワが良い例でしょう。

当然、目の老化による白内障も進行します。 

 

加齢白内障以外の白内障

 

白内障は食事で予防できる!

活性酸素による老化現象は強い抗酸化作用のある栄養素を積極的に

摂ることで予防できます。

まず緑黄色野菜や柑橘類・イチゴ・キウイフルーツなどに

多く含まれるビタミンCやアーモンド・ピーナッツなどのナッツ類や

ウナギ・ハマチ・タラコなどの魚介類、かぼちゃ・赤ピーマン

などの野菜に多く含まれるビタミンEがとても効果的。

注意点として、喫煙している人は禁煙もしくは1日の本数を減らすよう

努めることです。

煙草に含まれるニコチンやタールはビタミンCを破壊し

白内障のリスクを3倍に増やすとされています。

またアイケアのサプリメントの代表格である、

ブルーベリー・赤じそ・赤キャベツに含まれるアントシアニン。

同様にこの手のサプリメントの成分の常連である、

ほうれん草・ニンジン・ピーマンなどに多いβカロテンや、

やはりカルテノイドの一種でキャベツ・そば・ブロッコリーに多いルテイン。

他にも鮭・タイ・イクラ・エビなどの赤みがかった魚介類に多い

アスタキサンチンも高い抗酸化作用をもたらします。

白内障予防に最適な野菜

 

まずは予防できるところはしっかりと予防したいですね。

 

業界最安値!1本2125円のクララスティルはコチラ!

 

関連記事