白内障のセルフチェックの方法

白内障のセルフチェックの方法

現在の白内障は手術だけでなく、

点眼や服薬でも管理できるようになりました。

また、手術に関してもグレードがアップし、

日帰りで処置することが可能です。

そこで今回は自分でできる白内障のセルフチェックを

紹介していこうと思います。

白内障のセルフチェックの方法

 

自分でできる白内障のチェック

 

まずは自分でできる白内障のセルフチェックを見ていきましょう。

 

○離れた人の顔がよくわからない

○天気の良い日はまぶしくてたまらない

○距離感がつかみにくい

○最近視力が低下している(0.7以下)

○視界がかすむ

○よく転ぶようになった

○老眼鏡をかけても新聞が読みづらい

○活字を読むことが億劫である

○テレビの字幕が見えにくい

○目がかすみ疲れやすい

 

以上10項目の内、7個以上に○が付けば、白内障の可能性ありです。

あくまでもこれはセルフチェックシートなので、すべてではないですが、一度医師診察を受けることをお勧めします。

 

白内障のチェックの仕方

 

家族・友人と一緒に出来る白内障のチェック

 

白内障の症状は徐々に進行していきます。

そのスピードは、人によって様々ですが、

実は本人には重症化するまで気づかないことがあります。

そこで家族が異変に気付き、早期の治療を開始させるということが

重要になることもあるのです。

この項目では、家族、友人が出来る白内障のチェックを

紹介していきます。

 

○黒目に濁りがある

○階段につまづくようになった

○テレビが見えにくそうである

○晴れた日に外に出るとまぶしそうだ

○免許の更新ができなかった

○暗いところで回りが見えにくそうだ

○近くのものが見えやすくなったと言う

○目のぼやけ、かすみを訴えている

○メガネの度が合わなくなったようだ

○老眼鏡をかけても本や新聞が読みにくそうだ

 

10項目中、7個以上に○が付けば、白内障である疑いが高いです。

家族の一員として、一度、白内障の診察を受けていただくことを

お勧めします。

 

白内障を正確に判断するためには、まずは受診を……

 

白内障は非常に自覚症状が少ない病気です。

ギリギリまで自覚症状が出ないため、

いざ、症状が出た時には非常に厄介なことになっているケースが

多々あります。

前項でも紹介したチェック項目を参考にしながら、

一度は医師の診察を受けることが良いでしょう。

現在の白内障手術、治療は非常に進化しています。

様々な白内障を正確に判断することが、非常に効果的にできるのです。

手術だけでなく、点眼薬も進化しているので、

そちらも併せて検討してみるとよいでしょう。

白内障手術のデメリットとリスク

 

業界最安値!1本2125円のクララスティルはコチラ!

 

関連記事