白内障にもさまざま…白内障の種類

白内障にもさまざま…白内障の種類

60歳以上の8割以上の方は何らかの白内障を持っていますが、

白内障があっても視力はちゃんとあり、

日常生活にまったく支障をきたしていない人もたくさんいます。

白内障があることと症状が出ることは別問題で、白内障にも種類があり、

それぞれ症状の出方も違ってきます。

ここでは白内障を種類別にご紹介します。

白内障にもさまざま…白内障の種類

 

症状の出にくい「皮質白内障」

「皮質白内障」は、水晶体のまわりの部分の皮質から

濁りが生じる白内障です。

この白内障では濁りが瞳の真ん中まで到達しなければ全く症状は起こりません。

その理由は水晶体のものの見方にあります。

水晶体は全体を使ってものを見ているわけではなく、

目に入ってくる光は虹彩によって絞られています。

実際に光が通過するのは水晶体の中央部分のみなのです。

この白内障は周りから中央に向かって進行するので

瞳の真ん中にかかるまでは見え方に問題はありませんし、

濁りが到達するまでは何年もかかります。

ですが、一度瞳の真ん中に届いてしまうとそこからは進行が早くなってしまいます。

 

プリント

 

診断がつきにくい「核白内障」

白内障の中で診断がつきにくいのが、この「核白内障」です。

これは水晶体の真ん中の核の部分からだんだん硬くなり、

茶色く濁ってくるタイプの白内障です。

この濁りが水晶体の真ん中から均一に生じてくるものなので、

よほど注意していないと見逃されてしまうことが多くあります。

さらにこの濁りがひどくなると、眼鏡の度数を上げても視力が出なくなってしまいます。

また、核白内障では水晶体が硬くなっていくのと同時に、

水晶体の色が黄色っぽくなり、だんだんと茶色、焦げ茶色に変わっていきます。

これはずっとサングラスをしている状態なので、色の判断がつきにくくなります。

この白内障は進行して水晶体がガチガチに硬くなってしまうと

手術の際に水晶体が包んでいる薄い膜(嚢)が破れてしまい、

砕いた水晶体の核が目の奥に落っこちてしまうという

大変な合併症を引き起こしてしまうこともあります。

核白内障

 

急速に視力低下する「後嚢下白内障」

この白内障は初期のうちから症状があらわれる、進行の早い白内障です。

水晶体のちょうど光の中央部に濁りが生じるので、

初期のころからまぶしさを感じたり、視力の低下が起こります。

リウマチ、膠原病(こうげんびょう)ぜんそくなどで

副腎皮質ステロイドホルモンを長時間服用している方、

糖尿病、アトピーの方などによく見られるようです。

 

後嚢下白内障

 

まとめ

白内障というと高齢の方が多くなっていると感じますが、

アトピー性の白内障は10代後半から20代くらいの方に発症することもあります。

白内障はなっていることに気づきにくいこともあり、

知らないうちに進行がどんどん早まることが多くあります。

日頃から自分の変化に注意してみるとともに、定期的に眼科検診を受けましょう。

容量用法を厳守してください

 

 

最安値!1本2125円のクララスティルはコチラ!

 

 

関連記事