白内障にならない生活のしかた

白内障にならない生活のしかた

○紫外線から目を守る

紫外線はあらゆるところにあります。

紫外線を浴びると肌が赤くなって日焼けしたり、黒くなるのはご存じのとおりです。

皮膚は日焼けするのに、目は特に日に焼けた記憶がないですよね。

ではどうなっているかというと、水晶体がこの紫外線を吸収してダメージを受けているのです。

その分ダメージは水晶体に蓄積されます。すると白内障がどんどん進んでしまいます。

どうすればいいのでしょうか?

日焼け止めクリームを目に塗るわけにはいきません(絶対にやめましょう)。

そこで大切になるのは紫外線を目に入れないことです。

白内障にならない生活のしかた

紫外線を入れない方法としておすすめなのがサングラスです。

普通だなと思うかもしれませんが、ポイントがあります。

「サングラスの色は何色がいいのですか」と聞かれることが多いですが、実は何色かはあまり関係ありません。

紫外線は目に見えない光なので色合いによってどのくらい紫外線を吸収できるかが違うわけではないからです。

それよりも、なるべく紫外線の吸収率のよいサングラスをつけるようにしましょう。

「サングラスをするなんて」と思うかもしれませんが、真っ黒なサングラスでなく、

ほとんど色の付いていないようなサングラスで十分なのです。

むしろ色が濃すぎるサングラスはあまりよくありません。

なぜよくないかというと、色が濃すぎるサングラスは目に入る光が少なくなって暗くなりすぎてしまうからです。

そうすると目は光をより多く入れようとします。

いくらサングラスをしていてもその間から光が入ったりします。

光を一生懸命入れようとしている目にとって、そのわずかな光が強いダメージになってしまうのです。

 

 

 

「サングラスはしたくない、似合わない」という場合はつばの大きな帽子をかぶるという方法があります。

丸く前後につばがついているものもありますし、野球帽のように前にだけつばがついているものもあります。

どちらでも結構ですから、目に光が強く入らないような構造のものを使いましょう。

曇りのときや冬場は関係ない、と思っていないでしょうか。

実はそんなことはありません。曇りの日でも紫外線は晴れの日の60 %はあります。

ですから油断せずに日々目を守ってほしいのです。

あまりなじみがないですが、紫外線と同様に放射線もよくありません。

放射線の問題は目に見えないことです。

もちろん紫外線も目に見えませんが、太陽光に含まれているため日光が強い日は「今日は紫外線が強いな」とわかります。

このように全体の光の量から紫外線の量をなんとなく推察できます。

一方で放射線の場合は全く推察できないのが怖いところです。

そのため、放射線を避けることも大切です。

ふだんの生活で放射線を多く浴びることはあまりありませんが、仕事で放射線を扱う方などは注意しましょう。

 

a9e201f115095340279921663f0568a1_t

 

 

 

○ストレスを除いてくれる呼吸法

ストレスで白髪が増えたと聞いたことはないでしょうか。

同じようにストレスで白内障も進んでしまいます。

なぜでしょうか?

それはストレスが老化を促進してしまうからです。

ストレスにより体は酸化してしまいます。さびてしまうのです。

そして白内障となり見にくくなってしまいます。

過剰なストレスを減らすことが大切ですが、

家庭で起きた問題、人間関係の問題、仕事の問題など、簡単に片付くものばかりではありません。

そして何よりストレスは人によって違います。

同じことをしてもストレスに感じる人もいればそうでない人もいます。

ストレスに感じないようにするにはどうすればいいでしょうか?

一つは呼吸を整えてストレスを感じないようにするという方法です。

まずは口を閉じて鼻からゆっくりと息を吸います。

何秒で吸ったか数えながら吸いましょう。

次に口をすぼめてろうそくの火を消すようにしてゆっくりと口から吐き出します。

このときにさっき吸った秒数の倍の時間で吐き出してください。

例えば3秒で吸ったなら6秒で吐くという方法です。

お腹を使って呼吸することを意識しましょう。

なぜこれがいいかというと、腹式呼吸をすることでストレスを除去してくれるからです。

そして肺の訓練にもなって活発に動きやすくなるという呼吸法です。

少しでもストレスを感じたら、それを解消する術をもっておくことが大切です。

特に有効なのは自然に触れるという方法です。

大自然の中に行って時間を過ごせればいいですがそれも難しいことです。

庭や近所の公園でもいいです。自然を眺めるだけでもいいです。

実際に病気の人の場合、コンクリートに囲まれているのと自然が窓からちょっと見えるだけでもだいぶ違うことがわかっています。

そして年齢を気にしすぎないようにしましょう。

年齢によって白内障が進むことが知られています。

けれども一口に年齢といっても60代、70代でも30代ぐらいの見た目の人もいます。

一方で30代、40代なのに60代ぐらいの見た目の人もいます。

Respiracion

 

 

まとめ

このように年齢の重ね方は人によって違います。

同じ年齢でも体がダメージをたくさん蓄積してしまっている人もいれば、

ダメージをためずに過ごしている人もいます。

そういう人には若い気持ちをもっている人が多いです。

「もう私は年だから」とあきらめずに日々生活しています。

周りにはついつい年寄り扱いしてくる人もいますが、あまり気にすることはありません。

このような記事を読んでいるというだけで前向きなことがわかっています。

つまりあなたは同じ年代の人よりはるかに若く自分を保てているということなのです。

だからこそ「年だから」というのが口癖になっている場合はその口癖をやめましょう。

年齢は関係ありません。

いつまでも10代、20代のような目と気持ちでいれば体もついてきてくれますよ。

 

白内障にもさまざま…白内障の種類

 

業界最安値!1本2125円のクララスティルはコチラ!

 

 

関連記事