白内障と関連のある他の病気について知っておくべきこと

 白内障と関連のある他の病気について知っておくべきこと

 

白内障はそれ単体で発症する以外にも他の病気と併発して発症してしまうこともあります。

1つ目にあげられるのが、アトピー性白内障です。次にあげられるのが、ステロイドなどが原因にある

薬剤性白内障です。それぞれの症状別に詳しくご紹介していきたいと思います。

 

  • 白内障と関連のある他の病気について知っておくべきこと

 

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、白内障を併発しやすい病気の1つです。

アトピー性皮膚炎の方の中には30代で白内障を発症する人も珍しくありません。

早い方の中には、30代で白内障を発症する方も珍しくありません。

早い方では、20代でも発症することがあります。

アトピー性白内障の場合は、水晶体の嚢が混濁する「嚢下白内障」なることが多く、袋の前側が濁るものを「前嚢下白内障」、後ろ側が濁るものを「後嚢下白内障」といいます。

どちらでも早い段階で中心部分に強い濁りが出る為、見え方の異常や違和感が現れやすく、進行が非常に速いという特徴があります。

なぜ、アトピーの方が白内障を併発しやすいのかは、現在のところ解明されておりませんが、皮膚炎にかかっている時間が長い程、また、頭の皮膚症状が重い程、白内障を併発する確率が高いことがわかっています。

このことから、ステロイド治療薬の影響や、かゆいために目をこすったり叩いたりすることが影響しているのではないかと指摘されております。

ステロイドが原因となる「薬剤性白内障」には、アトピーの他に、緑内障があります。

 

 

 

緑内障を併発している場合の白内障治療に関しまして

緑内障を併発している場合、白内障の治療は受けることができるのでしょうか。

大丈夫です。治療を受けることは可能です。

緑内障は眼圧によって視神経が壊れていき、悪化すると視野が失われていく病気です。

日本では、失明原因第一位となっている恐ろしい病でもあります。

昔は緑内障の人は白内障の手術を受けられないとされていましたが、今はむしろ緑内障の治療に役立つことが分かってきました。

 

閉塞隅角緑内障

目の中の水の通り道がふさがれて眼圧があがる「閉塞隅角緑内障」は、目の中を満たしている「房水」と呼ばれる水分が排出される「隅角」という場所が狭まることで発症する緑内障です。

房水は一定量の産生と排出を繰り返して眼圧を一定に保っているのですが、隅角が挟まれることによって次第に房水の排出路が細くなったり閉ざされたりするため、目の中の房水がきちんと排出できず、溜まる一方になってしまいます。

その結果、風船の中に水をどんどん入れていくと風船がパンパンに膨らむように、目の中の房水でいっぱいになって眼圧が上昇します。

眼圧が上昇すると視神経が障害を受けて機能しなくなり、そのせいで視野がどんどん欠けていくのです。

もし隅角が完全に閉塞してしまうと、急激に眼圧が上昇して「急性緑内障八作」を起こすことがあります。

激しい痛みや吐き気を伴い、すぐに治療しなければ急速に視力が低下したり、最悪の場合、失明を招いたりする危険があります。

このタイプの緑内障を治療するには、隅角を広げて房水を排出しやすくすることが重要です。

水晶体は加齢によってどんどん大きく厚くなり、眼球内で大きなスペースを占めるようになり、隅角を狭めていきます。

白内障手術ではその大きく厚くなった水晶体の中身を取り除き、代わりに眼内レンズを挿入しますので、水晶体が目の中で大きなスペースを占めることもなくなり、狭まっていた隅角が広がって房水の通り道を確保することができます。

 

開放隅角緑内障の場合

閉塞隅角のみならず、「開放隅角」と呼ばれるタイプの緑内障の場合でも、白内障の手術の際に一緒に眼圧をさげるための治療をすることが可能です。

一般的にはMIGS=低侵襲緑内手術が行われておりま。

低侵襲とは「眼に負担が少ない」という意味です

緑内障が進む前に、早い段階で手術をして眼圧を下げておこうというもので、目のなかの線維柱帯という部分を切開する方法がよく用いられています

しかしその場合、目の中で出血が起こって一時的に目がよく見えなくなってしまいます。

そのためより安全性の高い「アイステント」というデバイスを使う方法がございます

これはチタン製の器具を目の中に入れて房水の通り道を確保する治療法です。

 

・アイステントはごく一部の眼科でにのみ行われている

 

アイステント以外の低侵襲緑内障手術は医師であれば、誰でも行うことができますが、アイステントは日本医学会で特別な講習を受けた医師だけが行うことのできる治療法です。

白内障の手術と同時に行うことで健康保険が適用されるため、少ない自己負担で治療を受けることが可能です。

開放隅角緑内障の方は検討されてみるとよいでしょう。

 

まとめ

併発して起こる白内障ではアトピー性皮膚炎、ステロイド剤などの薬剤性白内障などを記載させて頂きました。

また白内障と同様に失明率の高い「緑内障」においても目の眼圧調整に影響している閉塞隅角緑内障、開放隅角についても白内障の治療も有効であるとされております。

1つの症状だけでなくとも、白内障治療と緑内障などの症状が改善されることもあるので、上記のような症状に悩んでいる場合は治療に踏みきってみてはいかがでしょうか。

 

白内障障治療の点眼薬クララスティル

関連記事