手術は、遅すぎない、少し早めの時期に行いましょう

手術は、遅すぎない、少し早めの時期に行いましょう

今回は白内障の治療法の一つとして考えている方も多いと思われる、白内障の手術
について記載させて頂きます。

本サイトでは、白内障の治療法として点眼薬のご紹介をさせて頂いておりますが、手術についての
知識もお役立てできればと思います。

白内障手術を受ける時期について

 

手術は、遅すぎない、少し早めの時期に行いましょう

 

 

 

 

 

では、白内障はいつ手術するのがいいのでしょうか。

特に60歳以上の年齢になって、モノが見えづらい、目がかすむ、だぶって見える、メガネが合わなくなってきた、まぶしいといった症状のある人は、専門医を受診することをお勧めします。

以前に私が診た患者さんで、「車を運転する際に対向車のライトがまぶしくて見えづらい」という人がいました。

「上向きライトにして走って来て、まぶしいな!」と思っていたらすれ違いざまに、下向きのライトであることに気づき驚いて受信したのだそうです。

このように、車の運転をする場合、白内障によって対向車のライトや日の光でまぶしく見えないという状況は大変危険です。

自覚症状の有無に限らず、日常生活でおや?と思うことがあった場合や白内障と診断された場合は主治医と治療方針などをよく相談の上、定期的な受診をされることをお勧めします。

一般的に、白内障の手術という観点で考えた場合は、白内障が進行しない時期の方が、より安全で合併症などの発生率も低いといわれています。

核白内障などでは、水晶体の中心が硬くなるために、より高度な技術と手術の時間が必要となってしまいます。

悪化しすぎると手術が困難になる場合もあります。手術のタイミングを外してしまうということで、不要なリスクが増えることは言うまでもありません。

しかし、この手術は、「早ければ早いほどいい」というものでもありません。

白内障が進行していない若いときに、白内障の手術をすることはお勧めできません。

水晶体が硬くなっていない眼はまだ自動調節機能を持っていますので手術することで、その機能を失うことは好ましくありません。

逆にピントが合わせづらくなってしまうというリスクもあります。

昔は、白内障が悪化して、メガネを使用しても殆ど視力がでないような、目が見えない状態となってから手術を希望する人がいましたが、技術の進化とともに手術の時期もいくぶん早くなってきました。

いまは、70代、80代という高齢になってもさらに、人生を十分に楽しみたいというアクティブな人が多くなっていることもあり、悪化する前の少し早めの手術をする人も増えています。

この「遅すぎない、少し早めの時期」を知るには、ご自分の症状と向き合い、さらに定期的に専門家の診療を受けることが求められます。

 

 

 

 

白内障が悪化すると生活の質(QOL)が落ちてしまう

眼の病気に限ったことではありませんが、白内障が悪化すると、特に生活の質(QOL)が落ちてしまうといわれています。

眼がくもって視力も落ち、前が見えなくなってしまうと、精神的なストレスなどが続くようになります。

近視や老眼では、メガネなどで視力は改善できますが、白内障が進行してしまうとメガネでは解決しないので、何をやるのにもおっくうになるものです。

 

 

 

 白内障に関するデータ

 厚労省による平成20年度患者調査、平成21年社会医療行為別調査によると、眼科総患者数に占める白内障の割合は33%、眼科手術件数に占める割合では、白内障は85%となっております。

白内障は高齢になると多くの方が発症する病気でもあるため、多くの割合をしめていることがわかります。そのため、このような高い数値を示していることもわかります。

 

 

 

まとめ

白内障と結びつく視力の低下について、記載させて頂きました。

不安に思われる方も多くいらっしゃる方も多くいらしゃるかと思いますが。

しっかりとした治療を行うことで、改善する可能性も多いにあると思います。

目に不便を感じたら、早いうちに治療に取り組んでいきましょう。

 

白内障に困ったらNアセチルカルノシン点眼薬

 

関連記事