強度の近視があるのですが、白内障を治療すれば治るのでしょうか

強度の近視があるのですが、白内障を治療すれば治るのでしょうか

強度近視の方が「多焦点眼内レンズの白内障手術を断わられた」と当院に来られるケースもよくあります。

単焦点眼内レンズ、多焦点眼内レンズのいすれの手術でも強度近視を矯正することができます。

目は角膜から入った光が水晶体を通り、網膜に届いたところで像を結びます。

近視の人の目は、網膜に届く手前に焦点があっているので、網膜に鮮明な像を結ぶことができずに見えづらい状態になっています。

その焦点を網膜の位置まで調整するような眼内レンズを選択すれば、強度近視の人でも白内障を根治し、なおかつ視力を矯正することができるのです。

一般的なレンズだとぴったり合うレンズの度数がないため、「強度近視の患者さんには多焦点眼内レンズを使った手術はできない」という判断をしてしまうでしょう。

しかし、これは服を購入するときに大きいサイズだと特注になってしまうのと同じことですので、合うサイズのレンズさえあれば治療は可能なのです。

実際に「よく見えるようになると思っていた多焦点レンズの手術を受けたのに、期待したほど見えるようにならなかった」という声も多いようです

そのような不幸な不幸な結果を生まないように、最先端の検査機器で患者さんの目の状態を正確に

測定して、幅広いラインナップの眼内レンズのなかから、最適なものを選べる体制を整えています。

既製の眼内レンズで最適なものがなかった場合には、完全オーダーメイドの多焦点眼内レンズを発注することも可能です。

患者さんそれぞれの目の状態に合わせて最適なレンズを作製しますので、強度近視の方も安心して手術を受けられるうえ、手術後はメガネを使用せず、快適に日常生活を送られている方が殆どです。

通常の多焦点レンズと同じように日帰りで安全な手術も受けられますし、手術自体も短時間で終了します。

強度近視の方は長い間、メガネを手放せない生活に慣れてきたかもしれません。多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を受ければ、メガネなしで過ごせる可能性が高まります。

強度近視などで医師に「既製の多焦点眼内レンズでは焦点をうまく合わせることができない」といわれた場合は、どんな目も対応できるオーダーメイドの多焦点眼内レンズという選択肢があることを思い出してみてください。

 

 

  • 白内障と関連のある他の病気について知っておくべきこと

過去に目を強く打ったことがある場合の手術の不可避に関して

 

昔、ボールにぶつかるなどして、目を強く打ったことがあると手術が受けられないのでしょうか

手術は可能ですが、目を強く打った経験があることで、「チン小帯が切れている可能性」を考慮し、「難しい手術になる」と考えたのではないかと思います。

・チン小帯が切れていると、手術のリスクが高くなる

チン小帯は水晶体を包む嚢を支える役割を果たしていますが、それが外傷によって傷つき、切れて弱っていることがあります。

すると、手術の際、水晶体が硝子体に落ちてしまい、手術の難度があがってしまうのです。

チン小帯が切れている場合でも、水晶体が硝子体に落ちないように前述したCTR(水晶体嚢拡張リング)を使えば手術は可能です。

CTRがあることを知っていて、使いこなしている医師を見つけて、手術を受けて頂ければと思います。

また、チン小帯が切れている範囲が多い場合、白内障の手術の際、少し触れただけでも水晶体が袋ごと目の奥にある硝子体に落ちるなどのリスクがあります。

すると硝子体の手術をすることになりますが、眼科の専門領域が細分化されている今、「白内障の手術はできても硝子体の手術はできない医師」が多くいるというのが現状です

 

硝子体の手術経験がないために、そのような事態が起こったときの考え断られる場合もあるようです。

その為、硝子体の手術が可能な医師であれば、問題なく手術は行えます。

 

 

 

 

緑内障を併発している場合の白内障治療に関しまして

緑内障を併発している場合、白内障の治療は受けることができるのでしょうか。

大丈夫です。治療を受けることは可能です。

緑内障は眼圧によって視神経が壊れていき、悪化すると視野が失われていく病気です。

日本では、失明原因第一位となっている恐ろしい病でもあります。

昔は緑内障の人は白内障の手術を受けられないとされていましたが、今はむしろ緑内障の治療に役立つことが分かってきました。

 

閉塞隅角緑内障

目の中の水の通り道がふさがれて眼圧があがる「閉塞隅角緑内障」は、目の中を満たしている「房水」と呼ばれる水分が排出される「隅角」という場所が狭まることで発症する緑内障です。

房水は一定量の産生と排出を繰り返して眼圧を一定に保っているのですが、隅角が挟まれることによって次第に房水の排出路が細くなったり閉ざされたりするため、目の中の房水がきちんと排出できず、溜まる一方になってしまいます。

その結果、風船の中に水をどんどん入れていくと風船がパンパンに膨らむように、目の中の房水でいっぱいになって眼圧が上昇します。

眼圧が上昇すると視神経が障害を受けて機能しなくなり、そのせいで視野がどんどん欠けていくのです。

もし隅角が完全に閉塞してしまうと、急激に眼圧が上昇して「急性緑内障八作」を起こすことがあります。

激しい痛みや吐き気を伴い、すぐに治療しなければ急速に視力が低下したり、最悪の場合、失明を招いたりする危険があります。

このタイプの緑内障を治療するには、隅角を広げて房水を排出しやすくすることが重要です。

水晶体は加齢によってどんどん大きく厚くなり、眼球内で大きなスペースを占めるようになり、隅角を狭めていきます。

白内障手術ではその大きく厚くなった水晶体の中身を取り除き、代わりに眼内レンズを挿入しますので、水晶体が目の中で大きなスペースを占めることもなくなり、狭まっていた隅角が広がって房水の通り道を確保することができます。

 

開放隅角緑内障の場合

閉塞隅角のみならず、「開放隅角」と呼ばれるタイプの緑内障の場合でも、白内障の手術の際に一緒に眼圧をさげるための治療をすることが可能です。

一般的にはMIGS=低侵襲緑内手術が行われておりま。

低侵襲とは「眼に負担が少ない」という意味です

緑内障が進む前に、早い段階で手術をして眼圧を下げておこうというもので、目のなかの線維柱帯という部分を切開する方法がよく用いられています

しかしその場合、目の中で出血が起こって一時的に目がよく見えなくなってしまいます。

そのためより安全性の高い「アイステント」というデバイスを使う方法がございます

これはチタン製の器具を目の中に入れて房水の通り道を確保する治療法です。

 

・アイステントはごく一部の眼科でにのみ行われている

 

アイステント以外の低侵襲緑内障手術は医師であれば、誰でも行うことができますが、アイステントは日本医学会で特別な講習を受けた医師だけが行うことのできる治療法です。

白内障の手術と同時に行うことで健康保険が適用されるため、少ない自己負担で治療を受けることが可能です。

開放隅角緑内障の方は検討されてみるとよいでしょう。

 

まとめ

併発して起こる白内障ではアトピー性皮膚炎、ステロイド剤などの薬剤性白内障などを記載させて頂きました。

また白内障と同様に失明率の高い「緑内障」においても目の眼圧調整に影響している閉塞隅角緑内障、開放隅角についても白内障の治療も有効であるとされております。

1つの症状だけでなくとも、白内障治療と緑内障などの症状が改善されることもあるので、上記のような症状に悩んでいる場合は治療に踏みきってみてはいかがでしょうか。

 

白内障障治療の点眼薬クララスティル

関連記事