メガネを変えても視力が出なくなる | 白内障の目薬治療法

メガネを変えても視力が出なくなる | 白内障の目薬治療法


白内障の悪化によって起こる視力低下はメガネやコンタクトレンズでは解決できなくなるといわれています。

今回は白内障によって引き起こされる視力低下についてご紹介していきたいと思います。

視力の衰えについて

11014027058

 

 

 

 

 

 

 

 

メガネを変えても視力が出なくなる | 白内障の目薬治療法

通常の視力の衰えとは、メガネやコンタクトレンズでの矯正で一定の視力を取り戻すことが可能です。

しかし、白内障のように、水晶体そのものが濁ってしまって視力がでない場合には、そのくもりは

メガネをいくら買い換えても解決できません。

したがって、眼が見えにくいといった場合に、それが近視や老眼の悪化なのか、白内障の進行なのかを検査しなければなりません。

白内障を手術すると濁った水晶体が取り除かれるため、視界があかるくクリアになります。

また、眼内レンズを選ぶことによって、老眼、近視や遠視、乱視が改善されるという二次的、三次的なメリットもあるでしょう。

視力が落ちた人がメガネなしで生活すると眼が見えないことで転んでしまったり、探し物をしてもなかなか見つからず憂鬱になることがあるものです。

 

 

 

 

白内障が悪化すると生活の質(QOL)が落ちてしまう

眼の病気に限ったことではありませんが、白内障が悪化すると、特に生活の質(QOL)が落ちてしまうといわれています。

眼がくもって視力も落ち、前が見えなくなってしまうと、精神的なストレスなどが続くようになります。

近視や老眼では、メガネなどで視力は改善できますが、白内障が進行してしまうとメガネでは解決しないので、何をやるのにもおっくうになるものです。

 

 

 

 白内障に関するデータ

 厚労省による平成20年度患者調査、平成21年社会医療行為別調査によると、眼科総患者数に占める白内障の割合は33%、眼科手術件数に占める割合では、白内障は85%となっております。

白内障は高齢になると多くの方が発症する病気でもあるため、多くの割合をしめていることがわかります。そのため、このような高い数値を示していることもわかります。

 

 

 

まとめ

白内障と結びつく視力の低下について、記載させて頂きました。

不安に思われる方も多くいらっしゃる方も多くいらしゃるかと思いますが。

しっかりとした治療を行うことで、改善する可能性も多いにあると思います。

目に不便を感じたら、早いうちに治療に取り組んでいきましょう。

 

白内障治療に困ったらクララスティル

 

関連記事