クララスティル使用に関する注意事項| 白内障の目薬治療法

 

13732633543_54a2163e7c_b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はクララスティルの使用上の注意事項に関して紹介させて頂きたいと思います。

クララスティル公式サイトにも記載されておりますので、併せてご覧けれと思います。

また、クララスティルは人用、犬用とございますが、共通する点もおおくございますので

どちらの利用者と方にもご覧頂ければと思います。

 

まずは、商品の到着までの日数はどれくらいになるのでしょうか。

 

ダウンロード

 

 

 

 

 

 

 

①10日~2週間

クララスティルは国外から発送される商品なので、必然的に時間を要してします

ものなので、余裕を持って注文しておくことも大事ですね。

 

次に、点眼薬 クララスティルについてですが、他の目薬との併用をさけなくてはいけないもの
もあるようです。

 

gatag-00011947

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①ピレノキシン系の目薬(01カタリン、カリーユニ、ニットーなど)

こちらは主に白内障の治療の際に処方される目薬だと思います。

副作用が強い場合があり、まぶたのただれ、角膜炎(眼痛・異物感・後一時的に見えにくくなる)、角膜充血、刺激感、眼のかゆみ、眼やに等が報告されているようです。

 

 

②抗酸化製剤のサプリメント

◆抗酸化剤サプリメント(ルティン製剤・ゼアキサンチン製剤・アスタキサンチン製剤など)

こちらを併用してしまいますと、お互いの効果が作用しあい、クララスティルの性能が半減してしまいます。

但し、ビタミンなどのサプリメントは使用しても構わないようです。抗酸化作用が強すぎるものとの併用には注意しなければなりませんね。

以上が特に気を付けなければならない、注意事項でございます。

これ以外にも、注意事項はございますので、利用される際は公式サイトをよく読んで使用致しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事