ほぼ100%の人がかかる!白内障ってなに?

ほぼ100%の人がかかる!白内障ってなに?

白内障はほぼすべての人が加齢とともに発症する目の病気です。

ここでは白内障についての簡単なガイダンスをします。

 

ほぼ100%の人がかかる!白内障ってなに?

①年を取れば誰もが白内障にかかる可能性がある

早い人では40代で罹患し、年を重ねるほどに発症率が上がります。

40代で40%、50代で65%、60代で75%、70代で85%、80代でほぼ100%の人に白内障の症状が

みられるといわれています。

 

②日常生活にも支障をきたすようになる

・運転ができない

・つまずいたり転びやすくなる

・文字など小さいものが見えにくくなる

白内障にかかることで、起こる影響は日常生活にも現れ、ものがかすんだりぼやけて見えるなど、なにかと生活に支障をきたすようになります。

 

 ③目によくないことはなるべく避ける

白内障はいずれ誰でもかかる可能性の高い眼病ですが、日頃から目はもちろん、食事や運動、生活習慣に気を配り、体に悪いことはしないに越したことはありません

 白内障の手術・治療をすればきちんと治る

日本の白内障手術の技術は世界的にも高水準といわれているため、きちんと手術をすれば再び見えるようになります。

また、痛みも殆どなく手術時間も30分ほどと安心・安全な手術になってきています。

 

 

 

白内障対策にご好評のクララスティルはこちらです

 

関連記事