なぜ白内障になったのか?-白内障の仕組み-

なぜ白内障になったのか?-白内障の仕組み-

白内障とは何でしょうか?「目のレンズが汚れる」と医者はいいますが

「レンズが汚れているならふけばいいのに」と思いませんか?

目はカメラに例えられることが多いです。

白内障とはカメラのレンズに相当する部分の病気です。

ややこしいのですが、このレンズを 「水晶体」といいます。

この水晶体というレンズが白くなると「白内障」になります。

「髪の毛」が白くなったら「白髪」というのに似ています。

 

なぜ白内障になったのか?-白内障の仕組み-

 

白内障になってしまうと…

そもそも、なぜレンズが目の中に入っているのでしょうか?  

目は遠くを見たり近くを見たりします。

それはこのレンズの厚みを変えることでピントを調整しているのです。

レンズが厚くなれば近く、薄くなれば遠くにピントが合うのです。

一眼レフカメラでレンズの位置をずらしてピントを変えるのに似ています。

この作用によって手元の本を見たり遠くの景色を見ることができるのです。

白内障は表面にホコリがついて汚れているわけではありません。

レンズ自体が劣化して変色してしまっているイメージです。

レンズがまだ透明だったころは軟らかさをもっていました。

そのため遠くにピントを合わせたり近くにピントを合わせるのが楽にできていました。

けれども次第にこのレンズが白くなってきます。そうすると同時に硬くなってきます。

透明な卵の白身がゆでられて白くなってしまうようなものです。

透明な生卵のときは自由にその形を変えることができましたが、

ゆでて白くなると自由に形を変えることができません。

そうなると、自力でピントを合わせられなくなる、すなわち老眼が進んでしまうのです。

ですから白内障は老眼も引き起こしてしまうものなのです。またレンズの体積も増えます。

目玉の中でレンズが大きくなると邪魔になってしまいます。

大きなレンズのせいで目玉の中の水の流れが悪くなり、病気を引き起こしてしまうこともあります。

 

43bd1c8e911615aba3aff2215ca83f92

 

白内障になるのは年齢のせいだといいますが、同じ年齢でも白内障にならない人もいればなる人もいます。

100歳を超えてもよく見えている人もいますし、

50代で手術をしないと見えにくくなってしまっている人もいます。

年齢はあくまで一つの要素でしかないのです。

ではなぜ白内障になるのでしょうか?

 

なぜ白内障になるの?

 

白内障は、目の中にある水晶体というレンズが白くなってしまうことをいいます。

水晶体は生まれたときはきれいで透明なのですが、年をとるごとに白くなります。

これは透明なタンパク質が白くなっていくことなのです。

それは「目のダメージ」と「目の回復」のバランスで決まります。

「目のダメージ」が大きすぎたとき、例えば目にケガをすると10代、20代で視力が 0.1以下になってしまいます。

また「目の回復」がわるい体の病気である糖尿病や栄養の乱れがひどいと、若くして見えなくなってしまいます。

ダメージが大きすぎ、 回復が悪いと1年しかたっていなくても10年たったかのように白内障が進んでしまいます。

一方でダメージも小さく、回復もよければ10年たっても1年しかたっていないような若々しい目になるのです。

「目のダメージ」は主に生活で決まってきます。

ケガをしやすい生活、目をこする生活、薬を飲んでいる、紫外線をよく浴びる。

こうした生活によって目のダメージは増えます。

「目の回復」は主に食事で決まってきます。

栄養のよい食事をとればダメージを消去してくれます。

つまり栄養的に偏った食事ばかりとっていれば回復しません。

ですからあなたにできることはたくさんあるのです。

ダメージを減らし、回復をよくしてあげればよいのです。

 

まとめ

医者はついつい「あなたにできることなんてない。進んだら手術しでやるからだまっていろ」

という態度をとってしまいがちです。

忙しいこともありますし、手術という医学に頼りきってしまっている部分もあります。

けれども、自分でできることをしっかりやって手術をしないで人生を過ごせればそれが一番いいわけです。

また生活や食事をよくしておけば目だけでなく体もよくなります。

仮にあなたが手術をしなければいけない状態にあったとしても、

手術後の回復・経過もよりよいものになっていくでしょう。

まず基本となるのは回復です。人間の体は食べたものでできています。

食べたものがあなたの目となり肌となり骨となっていきます。

悪いものを食べればそれだけ悪くなってしまいます。

よいものを食べればそれだけよくなります。

普段の生活から見直してみるのもいいかもしれませんね。

 

yasai

 

業界最安値!1本2125円のクララスティルはコチラ!

 

 

関連記事