「白内障」とは、主に加齢が原因で「水晶体が濁る」病気です

「白内障」とは、主に加齢が原因で「水晶体が濁る」病気です

「白内障」とは、主に加齢が原因で「水晶体が濁る」病気です。

目に入る光は角膜を通って水晶体で屈折し、網膜で像を結びます。

白内障は、主に年齢を重ねることで、カメラにおけるレンズの役割を果たす水晶
体が濁り、網膜にうまく光の焦点が結ばれずに視力が低下する目の病気です。

白内障は、主に年齢を重ねることで、カメラにおけるレンズの役割を果たす水晶
体が濁り、網膜にうまく光の焦点が結ばれずに視力が低下する目の病気です。

 水晶体の中心部を「核」といい、その周囲を「水晶体皮質」が囲み、さらにそれ
らの外側を「水晶体嚢」(前嚢,後嚢)という袋状の組織が包んでいます。水晶体
の内部は、タンパク質33 %、水66 %、ミネラル1%でできています。

 水晶体が濁る原因として、糖尿病、アトピー性皮膚炎などによる全身疾患や
ブドウ膜炎による他の目の病気、放射線や薬による副作用、遺伝によるものなど
があげられますが、他に原因がない場合でも、年齢を重ねることで発症します。

 ほとんどは加齢によるものが原因で起こりますが、一時的な眼精疲労や老眼などと間違えやすいので注意が必要です。

 

「白内障」とは、主に加齢が原因で「水晶体が濁る」病気です

 

「白内障」の種類は、発症時期、原因、発症した場所、進行度によって細かくわかれます

 白内障の種類は、発症した時期、起こった原因, 水晶体の濁り方による発症のタイプ、症状の進行度により細かく分類されています。

 発症時期が出生時である「先天性白内障」や、発症の原因によって、「加齢性白
内障」-だけでなく、けがによる「外傷性白内障」、病気による「糖尿病性白内障」、「ア
トピー性皮膚炎白内障」、「副甲状腺のカルシウム代謝異常による白内障」、「網膜
色素変性症やぶどう膜炎などによる白内障」、薬の副作用による「ステロイド白内
障」や、日常生活で光を浴びることで起こる「紫外線白内障」「放射線白内障」な
どがあります。

 これらの白内障が、水晶体のどの部分が濁って起こるかで、「皮質白内障」、

「核性白内障」、「後嚢下白内障」に判別されます。また、症状の進行度によって、初期、未熟、成

熟に分かれます。

 

af9980030358m1-1024x684

 

 

 

セルフチェックシート②

 前回に引き続き、セルフチェックシートをやってみましょう

チェック項目が多いほど、白内障が進行してる可能性があります。

治療が遅れると生活する上の支障が増えます。なるべく早く受信しましょう。

 

 

ものが二重、三重に見える時がありますか

 

左右の目で明るさが違ってみえることがありますか。

 

近くのものや文字が見えやすくなったと感じますか。

 

老眼鏡や眼鏡をかけてもピントが合わなくなったと感じますか。

 

以前よりも白っぽくかすんでぼやけて見えますか。

 

普段見えづらいが一時的によく見えることがありますか。

 

15-2

 

まとめ

今回は白内障とはどのような症状なのかを改めてご紹介させて頂きました。

白内障は主に加齢によって引き起こされるもので、種類も数多くございますが、

セルフチェックなどを行いながら、自分の症状や進行具合を把握し、当てはまる

ものが多ければ、治療にむけて行動して頂ければと思います。

 

 

 

 

gf01a201503301700

 

Nカルノシン点眼薬 クララスティルはコチラ!

 

 

関連記事