白内障の目薬は加齢性以外にも効果があるのか

白内障の目薬は加齢性以外にも効果があるのか

加齢によって発生するのが白内障。

日本では手術によって治療することが主流になっていますが、目薬での治療も可能です。

しかし、どんな効果があるのでしょうか?また、どんな治療法が主流となっているのでしょうか。

今回は白内障の目薬は加齢性意外にも効果があるのかについてまとめてみました。

若年性白内障・外傷性白内障には効果があるのか?

通常の白内障は一般的には加齢が引き金となって発生します。

それに対し、若年性の白内障はその名前の通り、20代でも発症する場合があるのです。

特徴は進行が早いということでしょう。急激に水晶体が白濁してしまうのです。

 

また眼に衝撃を受けたり、何かが刺さったりして水晶体が傷つき白内障になる場合もあります。

これは外傷性白内障と言われ、年齢に関係なく症状が現れます。

 

処方される目薬は加齢性の白内障と同じものです。

日本の場合は下記の薬が処方されます。

 

○カタリンK点眼薬

○ジクロード点眼薬

○カリーユニ点眼薬

 

この3点になります。

 白内障の目薬は加齢性以外にも効果があるのか

 

 

どのような効果があるのか?

カタリンK点眼薬は水晶体を濁らせているたんぱく質を抑える薬です。

白内障の進行を抑える効果があり、副作用も少なくなっています。

そのため、多くの白内障の患者から支持されています。

 

ジクロード点眼薬は白内障の際に発生する炎症を抑える薬です。

眼痛を抑える効果があり、副作用の心配もありません。

 

カリーユニ点眼薬は白内障初期に使用させる目薬です。

基本的にはカタリンKと同じような作用を持っています。

白内障の進行を抑える効果があり、特に初期の白内障患者に処方されます。

 

それ以外にも市販されている目薬も数多くあります。

この場合も若年性、加齢性問わず使用することが出来るのが特徴です。

 

どのような効果があるのか

 

 

白内障に効果のある海外の目薬について

日本では手術による治療が一般的になっていますが、海外では目薬による治療が主流となっています。

代表的な治療薬は、日本では認可の下りていない『クララスティル』という目薬です。

 

この目薬も加齢性、若年性、外傷性の白内障に問わず使用することが可能です。

『Nアセチルカルノシン』という、白内障に効果的な有効成分が含まれています。

ロシアの白内障に研究チームが開発した目薬であり、数多くの完治の症例が報告されています。

 

外国の様子

 

目薬以外には、こんな治療法もあります。

若年性、あるいは外傷性の白内障を予防するためには、生活習慣を見直すということが大切です。

例えば、ビタミンEは白内障を防ぐと言われており、積極的に摂りたい成分になります。

 

大豆、玄米、植物油、ゴマなどに豊富に含まれています。

また、ビタミンEだけでなく、ビタミンB2やビタミンCなど、各ビタミン類を摂取することも大切です。

好き嫌いのないバランスのよい食生活を心がけましょう。

 

野菜ビタミンE

 

業界最安値!1本2125円のクララスティルはコチラ!

関連記事