白内障の目薬の副作用・他症状との併用について

白内障の目薬の副作用・他症状との併用について

白内障がどんな病気なのか知っていますか?眼の水晶体という部分が濁り、視力が低下していくという病気です。

原因の多くは、加齢によるものであり、現在は治療に効果的な目薬も登場しています。

白内障と目薬、副作用はないの?

白内障=すぐに手術!ということにはなりません。

初期の段階であれば、点眼薬での治療が可能になります。

そこで気になるのが、やはり副作用ではないでしょうか?

 

白内障に効果的だとされている目薬には、有効成分Nアセテルカルノシンが含まれています。

これはロシアの研究チームが発見した白内障に効果的な成分であり、ヨーロッパの安全規格CEマークを取得しており、もちろん副作用の報告もありません

 

ですので、白内障の目薬は安心して使用することが可能です。

 

 副作用はありません

 

白内障の目薬とその他の目薬って併用出来るの?

例えば、あなたが白内障の目薬を点眼していて同時に花粉症も患っているとすると、2つの目薬を同時に使用するということになります。

この場合、2つの点眼薬を同時に使用してもいいのでしょうか?それは気になるところですよね。

白内障の目薬の場合、目薬の種類によっては、効果が半減してしまう可能性があるため、併用はできないとされています。
例えば抗酸化作用の成分が含まれている目薬・サプリメントなどが挙げられます。抗酸化作用の成分を含有しているお薬の多種類の併用はどの会社でも推奨されておりません
ご使用の際には容量用法をよく読んで、そちらを厳守していただくと一番効果が得られると考えられます。

今回は白内障の目薬を使用する際、その他の目薬(白内障治療に影響のない目薬)を併用したい場合の使用方法についてまとめたいと思います。

基本的に2種類以上の点眼薬を同時に使用する場合、重要になってくるのは、点眼間隔と点眼順序です。

点眼の間隔は5分~10分時間を開けましょう。

また、点眼の順番ですが、一般的にはよく利かせたい目薬を後に点眼すると良いでしょう。

 

容量用法を厳守してください

 

目薬には4種類あります

一般的に流用されている目薬は主に4種類あります。

 

○水性点眼薬

○懸濁性点眼薬

○油性点眼薬

○点眼後、ゲル化する点眼薬

 

この4つです。ご自分の点眼薬がどの種類の点眼薬なのか?不明な場合は主治医の先生に聞いてみると良いでしょう。

 

具体的には、

①水性点眼薬→②懸濁性点眼薬→③油性点眼薬→④点眼後ゲル化する点眼薬

この順番で点眼すると良いでしょう。

また、各点眼薬を使用する上で、5分~10分時間を開けることは前項でも説明した通りです。

白内障の目薬の副作用・他症状との併用について

 

 

白内障の手術と点眼。どちらが良いの?

従来は白内障と言ったら手術するのが一般的でした。

しかし、現在では『クララスティル』をはじめとする、白内障に効果的な目薬が登場しています。

もちろん、副作用もなく、安全に使用することが出来ます。

また、手術は高い費用が掛かりますし、術後の通院も必要になります。

 

一般的には、半年程度の術後の経過を観察しなければなりません。

多くの手間やリスクがかかるのが、白内障の手術のポイントと言えるでしょう。

よって、手術ではない点眼薬での治療が推奨されます。

白内障の目薬を推奨します

業界最安値!1本2125円のクララスティルはコチラ!

関連記事