クララスティルについて

クララスティルについて 説明すると、 白内障治療に用いられる目薬 です。元来、白内障の治療と言えば 手術が一般的 でしたが、クララスティルは、 手術を行わずとも、治療する ことができる目薬です。 

これまでの白内障治療 

そもそも白内障は、元来、目の病気だとされてきていました。それも大きな間違いではありません。ですが、”目が不健康な状態”になって発祥するのではなく、最近の研究では主な要因は 加齢 であることがわかっています。白内障は、眼球の水晶体と呼ばれる部分が濁ることでおこる病気で、今までは手術によって治療してきました。 

目が痛いサラリーマン

白内障の手術は外科手術の中でも安全な部類の手術とされています。眼球の水晶体を取り除き、代りのレンズをいれるという手術を施します。 

ですが、約1割の人に 再手術が必要になる可能性 があること、 費用が高い などのデメリットがありました。 

また、目薬による白内障の予防・進行を遅らせる治療が以前からありました。しかし、明確な効能が認められているわけではありませんでした。 

そこで颯爽と登場したのが、 クララスティル です。 

 

 

クララスティルとは

冒頭で書いた通り、クララスティル( clarastill )は 白内障治療のための目薬 です。ですが、今まで発売されてきた白内障用の目薬とは大きく異なります。

まず第一に、Nアセテルカルノシン・非加水分解カルノシン(NAC)という複合アミノ酸が含まれています。このアミノ酸は、体内で作り上げることができません。この成分を、目に入れることで、酸化防止につながります

白内障の原因は、水晶体の酸化が原因ですから効果が見込めるというわけです。

第二に、米国で特許を取得しているという点です。さらに欧州や日本など先進諸国でも特許取得申請中です。

また、欧州連合の安全規格CEマークを取得しています。これは、欧州連合加盟国の基準を満たす商品に付けられるマークで安全の証で、トルコやスイスなど欧州連合に隣接している非加盟国での基準にもつながります。つまり、安全な商品の証とも言えますね。

安全性で一つ補足を致しますと、これまでの使用例では、事件例は一つも報告されていませんし、副作用も殆どありません。より安心して使える話ですね。

第三に、ここは面白い点ですが、犬用の白内障用目薬があるということです。元来、犬の白内障の治療は手術を行うか、高齢の場合は諦めるしかありませんでした。しかし、クララスティルの登場によって目薬による治療という選択肢ができました。

 

外国人の瞳

外国では主流のクララスティル

業界の風雲児 クララスティル

以上のように、クララスティルは白内障治療にとってとっても画期的な目薬です。

なんとなく、眼科での手術が怖い、目薬での治療をしているが良くならない等の悩みがある方は一度試してみるといいかもしれませんね。インターネットなどでの購入もできますし、眼科での購入もできます。かかりつけの眼科等がある場合は相談してみるといいかもしれませんね。

クララスティルについて

手術以外の白内障の治療ならクララスティルへ

関連記事