ドッグクララスティルの作用力を、愛犬はどう感じるのだろう?

ドッグクララスティルの作用力を、愛犬はどう感じるのだろう?

2011年4月、日本市場に販売本数2019年には販売本数22万本を突破したドッグクララスティルですが、現在も多くの反響を拝見いたします。

ここでは、ドッグクララスティルの効果を愛犬はどのように感じているのか、言葉を話すこともできないため、疑問に思う点もあるかと思います。

実際、愛犬の目にどのように感じているのか、ご紹介させて頂きたいと思います。

まず、ドッグクララスティルは効果が実感される目安として3ヵ月といわれています

使用開始後1~2ヵ月間はドッグクララスティルがご愛犬の眼の化学成分を徐々に変化させていく期間であり、基本的に大きな変化は感じにくいところです。

但し、1ヵ月で顕著な変化が現れるケースも多く見られます。

3ヵ月経過ごろに変化の兆候を感じられるのが通常ですが、その例として下記があげられます

基本的には以前のように、良く動くようになる、ということです。

・よくぶつかっていた室内の柱や壁にぶつからずに歩けるようになる

・小さな物音に対し異常に敏感に反応しなくなる

・会談の上り下りを再開する

・外の散歩にでたがるようになる

・眼については、白濁していた水晶体が縁の方から黒くなってくる

ドッグクララスティルは全ての理由の白内障に対する作用が期待できますが、外傷性・ステロイド性・糖尿病性の白内障に対しては、より長期間の使用が必要です。

但し、ドッグクララスティルといえど、完全に失明してしまった犬に対しての回復作用力は

無いことは念頭にいれて頂きたく存じます。

ドッグクララスティル販売サイトはこちら↓

 

 

関連記事