白内障手術後の有害現象について

白内障手術後の有害現象について

幅広く認知されてきている白内障手術についてですが、眼内レンズを挿入したことに

よっての有害事象についても述べさせていただきます。

夜間の光がぎらつくグレア現象

白内障手術で、眼内レンズを入れた後の有害事象としては、ハロー現象としては、ハロー現象やグレア現象、コントラスト感度の低下などがあります。

これらは多焦点のレンズで起こりやすい現象ですが。個人差もありレンズの種類によっても変わります。

多焦点レンズは、特殊な溝を使って近くや遠くにもピントが合うように作られていますが、レンズ内で光が散乱しやすいために、夜間の光がぎらつくことや、にじんで見えることがあります。

グレア現象とは、光源がまぶしく映り、光がぎらついて見える現象のことを言います。

こういった見え方は、手術後、半年くらいの間に、少しずつ毛が慣れてくることで気にならなくなることが多いとされております。

 

 

光がにじんで見えるハロー現象

 

ハロー現象は、光の周辺に輪がかかったように見える、にじんで見える現象のことを言います。

もともと、太陽や月に薄い雲がかかったときに、その周辺に光の輪が現れる大気光学現象を、ハロー現象と呼ぶことに由来しています。

この現象も、手術後に時間の経過とともに気にならなくなることがほとんです。

しかし、これらのグレア現象やハロー現象の現れ方や、そのことによる違和感の持ち方には個人差があり、あまり白内障の進んでいない人の場合には、これらの事象に耐えられず、再手術をして眼内レンズを取りだす人もいます。

ただ、これらが手術後に、苦になるかならないかなどは、事前に全てわかるものではありませんが、使用するレンズによって異なるため、担当医とよく相談するようにしましょう。

 

 コンストラスト感度の低下

 多焦点眼内レンズの場合に多く体感される事象として、コントラスト感度の低下があります。

このコントラスト感度の低下が起こると、色彩の農淡の違いを区別しづらくなりますので、運転が中心の職業などでは不向きの場合があるともいわれております。

白内障手術に行われるさまざまな眼内レンズには一長一短があり、有害事象にも個人差があります。

どういったレンズがいいかを決める際には「その人のライフスタイルや生活する上での重要視する距離を考慮することが重要である」といわれております。

 

白内障後に起こる病気

白内障後に起こる病気についての記事も合わせてご紹介します。

引用:https://gentosha-go.com/articles/-/21920(白内障の治療…手術に影響を及ぼす可能性のある眼の病気は?)幻冬舎 GOLD ONLIN

緑内障、糖尿病網膜症など聞いたことのあるものも多くございます。

手術を受ける際も事前の情報収集もこころがけていきましょう。

 

術後の発症のパターンは人それぞれであり、生活に支障がでる方や気にならない方それぞれいらっしゃる

ことも分かります。

主な事例としては、白内障手術をすることで、視界が見えやすくなることから今まで

気にならなかったものが気になってしまうといった症状があるようです。

また、他に手術後の代表的な症状としては後発白内障があげらます。

適切な治療が必要な場合や生活していくうえで、徐々に慣れていき解消されていくこともありますが、違和感を感じることもあるようですので、術後の経過にも注意が必要になると思います。

 

注目度上昇中の白内障点眼薬はこちらです(クララスティル公式サイト)

関連記事