白内障手術の失敗例

白内障手術の失敗例

白内障手術を含む医学は日々進歩しているものの、手術である以上100%成功するとは言い切れません。代表的に、以下のような失敗が起こることがあります。

しかし、ほとんどの人は視力が改善しており、これら失敗例は確率もとても低いことから必要以上に怖がることはないでしょう。

駆逐性出血

前触れもなく目の奥から出血してしまうことで、眼球の内容物が角膜の切り口から出てしまいます。その結果、最悪の場合失明に至ることもある、恐ろしい失敗例の一つです。ですが、1万件に1件程度という極めて稀に起こる事例であり、必要以上に怖がることはありません。

 白内障手術の失敗例

 

感染症による眼内炎

手術中や手術後に目の中に細菌が入って感染することで起こります。繁殖した細菌が眼球を傷つけてしまい、万が一こじらせると失明などの重篤な後遺症を残す場合もあります。ですが、現代の白内障の手術ではきっちり手術経過中に抗生物質の点滴や内服薬、点眼薬の処置がされるため、それらがしっかり行われれば発症の可能性を減らせます。発症しないためにも、目の周りを清潔に保ち、点眼薬を忘れない、といった自分自身での管理も徹底しましょう。

そもそもこの眼内炎の発生率は2,000~3,000件に1件の割合であり、非常に低い確率です。

細菌

破嚢(はのう)によって眼内レンズが入れられない

 

濁った水晶体が入っていた袋である水晶体嚢が手術中に破れてしまうことで、そこに入れるはずだった眼内レンズが挿入できなくなり、手術中止になることがあります。この場合、水晶体嚢の補強やメンテナンスを行った後日に再手術をすることになります。しかし、それでも眼内レンズの挿入が困難である場合は、術後にコンタクトや眼鏡を使用することとなります。

けれども、最近では医療技術が向上したことにより、水晶体嚢が破けることはあまりなく、ごく稀に起こるケースです。

白内障手術の失敗例2

角膜の損傷

白内障手術においては、濁った水晶体を取り除く際に角膜を切開する必要がありますが、術後、通常は自然に治癒していきます。ですが、水晶体が硬くなりすぎていた場合、角膜につける傷は大きくなってしまい、自然治癒せずに角膜に悪影響が出ます。こうなると角膜にひずみが生じ、乱視が発生するどころか、角膜の透明性が確保できなくなることで、角膜移植が必要になることもあります。

ですが、そもそも角膜が損傷した際の回復力は、手術前にある程度分かるため、医者に相談することで把握することができます。

以上が白内障手術における代表的な失敗例です。これらは確かに起こる確率は低いものの、万が一のこともあります。そういった不安のために手術が怖い方は、手術不要で治る点眼薬の「クララスティル」を検討してみるのも良いと思いますよ。

女の人目隠し

 

業界最安値!1本2125円のクララスティルはコチラ!

関連記事