白内障手術で危険な眼内レンズが使われ続ける理由と深い闇

白内障手術で危険な眼内レンズが使われ続ける理由と深い闇

白内障は60歳以上の6割、80歳以上のほぼ100%が発症すると

いわれています。

現代医学において、「白内障は手術をすればほぼ100%治る」

と言われていますが、

近年、「手術によってかえって視力が低下した」という

ケースも頻出しているようです。

白内障手術で危険な眼内レンズが使われ続ける理由と深い闇

 

白内障手術の問題

白内障とは、目の中で“カメラのレンズ”の役割を果たす「水晶体」が

加齢とともに白く濁る病気のことをいいます。

一度濁った水晶体は元に戻らず、手術で水晶体を除去し、

そこに眼内レンズ(人工の水晶体)を挿入します。

眼内レンズには、遠くか、近くかのどちらかでピントを合わせる

単焦点レンズと、近くにも遠くにもピントが合う多焦点レンズ

2種類があります。

ぼやけて見える視界

ここで挙げられる問題は、「眼内レンズの品質」です。

通常、白内障の手術では眼球を小さく切開し、

そこから小さく折り畳んだ眼内レンズを挿入します。

そのため、レンズの素材は柔らかいタイプが好まれるようです。

柔らかいアクリル素材を型に流し込む方法で製造された

『挿入しやすいレンズ(モールディングレンズ)』は、

この素材は使用期間が経つにつれて水が染み込んでしまいます。

そのため眼内レンズが濁って白内障と同じ状態になってしまい、

実質寿命は10年、5年で視力が低下することもあるといわれています。

加齢白内障以外の白内障

また、このモールディングレンズを使用して、

炎症が起きるという症例が発症してしまったこともあります。

このレンズは端が尖っており、

目の中の虹彩を擦ってしまうことがあります。

炎症により眼圧が上がり、緑内障や失明の危険性すらあると

いわれているのです。

アメリカの眼科学会ではこの発症例が大きな問題となり

モールディングレンズの使用に警告を出しました。

 

手術と目薬治療

「白内障かも」「目の手術は怖い」という方は、

まず目薬治療から試してみることをお薦めします。

過去に手術をして眼内レンズが入った状態になると、

この白内障用目薬は使用できません。

手術を一度すると眼科治療のみしか選択できなくなります。

逆に目薬治療から手術というケースは問題がないようなので

一度目薬から試してみるのもいいかもしれません。

白内障の目薬を推奨します

 

業界最安値!1本2125円のクララスティルはコチラ!

 

関連記事