白内障の手術後のケア

白内障の手術後のケア

白内障の手術は、片目であれば5~10分ぐらいで終わります。ですが、手術が終わった後でもいろいろ注意しなければならないことがあります。

そこでこの記事では、白内障の手術後のケアについてご解説します。

手術終了直後のケア

まず、白内障の手術が終わってもすぐには帰宅できません。手術が終わってから10~15分ぐらいは、リクライニングチェアでしばらく安静にしていなければなりません。そして専任のスタッフから手術後の注意事項などの説明を受けた後で、ようやく帰宅できます。たとえ短い時間とはいえ手術を受けたのですから、注意事項は必ず守るようにして下さい。

また、手術が終わった直後は眼球を保護するため眼帯を装着しなければなりません。そして、眼をこすったり直接さわったりして圧迫しないでください。

眼帯は、手術の翌朝まで外さない方が安全です。でも、片眼では不自由だという方は、手術直後から眼帯をつけないこともできます。ただ、寝るときは眼を圧迫するとよくないので、少なくとも寝るときは保護眼帯をつけて下さい。

 

 白内障の手術後のケア

 

帰宅後のケア

帰宅後は、病院からもらった点眼薬を忘れずにさして下さい。
また、次のような日常活動に対する制約があります。

 洗顔・洗髪
洗顔・洗髪は許可がでるまでしないで下さい。だいたい1週間で許可がでます。
ただ、美容院で上を向きながら洗髪することはできます。
 入浴
入浴は手術の翌日から大丈夫ですが、顔はつけないようにして下さい。
 仕事や家事
仕事や家事については、軽いものなら手術の翌日からしても問題ありません。
ただ、パソコンのモニターを長時間見ることや目をよく使う仕事はしないで下さい。また、ほこりっぽい場所での仕事もしないで下さい。
 テレビや読書は、1週間は控え目にして下さい。
 飲酒は、手術当日にはしないで下さい。その後1週間も控え目にして下さい。
 運動
運動は、散歩ぐらいなら手術の翌日からしても構いません。でも、激しい運動はしないで下さい。
さらに、水泳とほこりっぽい場所での運動は、手術後1カ月はしないで下さい。
 運転は、手術翌日の診察時に、医師にご相談して下さい。

自宅でのケア

 

手術後の検診

白内障の手術が終わった後は、定期的に病院に通って検診を受ける必要があります。

検診では、合併症がないかどうか、きちんと見えるようになってきているかどうかを確認します。

検診は一般的に、5回以上必要です。

特に、ほとんどの医療機関で手術の翌日、翌々日は必ず検診を行っています。

また、手術後に痛みを感じたり違和感がある場合にはすぐに診察を受ける必要があります。

 

なお、白内障を手術した後は、次のような術後症状が比較的起こりやすいです。

  • 飛蚊症

これは、目の前に黒っぽい小さなもの(浮遊物)が飛ぶように感じる症状です。

  • 後発性白内障

手術後に残った水晶体が濁り、視力が低下する事です。術後5年で約20%の方に発症すると言われております。

少しでも違和感を感じた際には健診時に担当医に相談する事をお勧め致します。

ぼやけて見える視界

 

業界最安値!1本2125円のクララスティルはコチラ!

関連記事