白内障の手術のリスク

白内障の手術のリスク について考えてみましょう。医療技術や器械のめざましい進歩によって、白内障の手術は、かなり安全なものになりました。しかし、まったくリスクが存在しないという訳にはいきません。

そこで今回は、白内障の術中・術後に合併症が起こりえるリスクについて紹介します

 

手術中の失敗

後嚢の破損・硝子体の脱出・水晶体核の落下

白内障の手術では、白く濁った水晶体を眼内レンズと入れ替えるために、水晶体の裏側にある「後嚢(こうのう)」と呼ばれる膜だけを残して水晶体を取り除く作業をします。しかし、後嚢はとても薄くて弱いので、作業中に破れてしまうことがあります。
すると、破れ目から水晶体の後ろの位置にあるゼリー状の「硝子体」という組織が漏れ出てしまう「硝子体脱出」や、水晶体の核が目の奥に落ちていってしまう「水晶体核落下」が起きてしまうこともあります。
後嚢破損や硝子体脱出の状態だけなら、適切な処置を施せば、眼内レンズを埋め込むことができます。しかし水晶体核落下が起きてしまった場合は、一旦手術を中断して、改めて落下した水晶体核を取り除く手術をしなくてはなりません。

駆逐性出血

手術中に起こりえる合併症です。眼内の動脈が破裂してしまい、出血します。

症状によっては失明に至ってしまうこともあります。ただし駆逐性出血が起こる確率は1万件に1件程度と言われており、発症してしまうのは極めて稀です。

 

 

白内障の手術のリスク

 

手術後に起こるリスク

後発白内障

手術後に、眼内レンズを固定している後嚢が濁って、手術前のように視界がかすんできてしまう合併症です。

この症状が起きてしまった場合、外来のレーザー手術で後嚢を焼き切ってしまえば、かすみを解消することができます。

黄斑浮腫

 術後に黄斑(網膜の中心部分)がむくみ、視力がいちじるしく低下してしまう合併症です。

しかし、近年では、術後に点眼薬を使うことによって、発症率を大幅に軽減させることができています。

水疱性角膜症

 何らかの原因によって角膜の内皮細胞が障害を受けて、角膜の内に水が溜まってしまう合併症です。

白内障手術の技術向上により、術後にこの症状が起こることは減少しています。しかし、重症の場合は角膜移植手術が必要になってしまいます(実際に手術が必要な場合は、ごく稀です)。

眼内炎

が、数ヶ月後~数年後に突然発症する場合もあります。

眼内炎は、術後の健康管理を怠ってしまうことから発症する可能性が高くなってしまいます。

「目の周りを清潔に保つ」「点眼薬を使用する」など、医師から受ける術後の注意や指示は、必ず守ってください。

 

 

 

a0001_008193

 

術後の見え方の変化

度数
眼内レンズの度数は、目のサイズを正確に測定して算出されます。8割以上の方は測定どおりピッタリで、術後もメガネなしで遠くまたは近くが見えるようになります。しかし、わずかながら、度がずれてしまう場合があります。その場合は、薄い老眼鏡や遠視用のメガネが必要になる場合もあります。

 色の見え方
水晶体の濁りのせいで黄色っぽく、または白っぽく見えていた景色が、手術後急に10代や20代の頃の見え方になり、視界が全体的に青っぽく見えてびっくりされる方もいるようです。はじめは戸惑うかもしれませんが、実は10代の頃はこのように見えていたんだな、と気にしないようにしていれば大丈夫です。じきに、慣れてきます。

 飛蚊症
手術後視界が明るくなったのはいいのですが、それによって飛蚊症を感じる場合があります。これは目の中の「硝子体」と呼ばれる部分の混濁によって起こることで、いわば老化現象です。

手術前は気づかなかった飛蚊症を感じることもありますが、もともと目の中にあったものなので悪いものではないのです。

 眼底異常
白内障の手術後でも、目の奥のフィルムにあたる部分の網膜や神経などに問題がある場合は、思っていたよりも視力が出にくい場合があります。ただし、手術前よりは確実に明るくなって見やすく感じることでしょう。

 

a0001_016984

 

 

 

 

白内障の手術以外の治療ならクララスティルへ

関連記事

  • 白内障の手術とは白内障の手術とは 手術のメリット・デメリット 医学的には、白内障の治療は手術によって白濁した水晶体を人工レンズ […]
  • 犬の白内障の手術方法犬の白内障の手術方法 ワンちゃんが盲目になる理由の1つに白内障があります。 人間と同じように、ワンちゃんもまた、白内障 […]
  • 白内障の手術以外の治療方法白内障の手術以外の治療方法 これまでは「目薬では白内障の進行を遅らせる効果しか期待できない」「白内障の治療には手術(水晶体を除 […]