白内障手術は早くした方がいい?ギリギリまで待った方がいい?

 白内障手術は早くした方がいい?ギリギリまで待った方がいい?

「そろそろ白内障手術をした方がいいと思いまして。」

60代の女性が私の外来に訪れた時の話です。視力は0.9です。そんなに下がっている程ではありません。
白内障もそれほど進んでいない。

「生活に不自由を感じるのですか?」

「いえ特に見づらくはないのですが、白内障の手術は早くした方がいいというもので」

Aさんは0.9が1.0になりました。確かに明るくなりましたが、すごく見やすいというほどではありません。

Bさんは0.2が1.0になりました。びっくりするほど世の中が明るくなった。と感じます。

二人とも手術の傷がちょっとコロコロします。Aさんは気になりBさんは気にならない。

他の手術でも同じことがいえます。この手術をしないと命が危ない。そんな手術後の傷がちょっとうずいても「命があったのだからこれくらいは仕方ない。」そう思って気になりません。

いぼを少し気になってとってみました。手術後の傷がちょっとうずきます。「手術をしなければ良かったかな。」気になってしまうでしょう。

確かに白内障は早い方が手術する側はしやすいです。

そして進みすぎると通常の手術では対応できないほどになってしまいます。

そうすると傷口が大きくなったり、結果がわるくなることもあります。

なかなかその基準というのは明確なものはございません。

良く医師と相談して見てください。

 

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_t

 

 

 

すぐ手術をした方がいいといわれたが本当か

 

「目やにで眼科に行ったらすぐ白内障手術をしましょうといわれた。あそこはお金儲けが目的で私の手術がしたいに違いない。先生に本当のところを聞きたい」

そうおっしゃる60代の女性がいらっしゃいました。

「白内障が進んで緑内障になりやすい状態です。緑内障にも色々あってゆっくり進むのと急に悪くなるのがあります。〇〇さんがなりやすいのは急に悪くなる緑内障になりやすいのでそれを予防するために白内障の手術を勧めたのでしょう」

白内障はほとんどが緊急を要しないものです。そのため医療者の中でも臨時、緊急で白内障手術をするという事を知らない人も多く、私が臨時で白内障手術をいれると「なんで白内障手術を緊急でやるんですか」と聞かれることもあります。

白内障は目の玉の中のレンズですがすすむにつれて厚みがまします。その厚みが邪魔をして緑内障になってしまうのです。

ですから、この方の場合は早めに手術をするという事は間違いではありません。

しかしできれば、もうちょっとコミュニケーションをとって相手に伝わるようにお話しした方が

よかったでしょう。一部に儲け目的で不必要な手術を勧めたりする医者がいるのも事実です。

そういう医者のせいで信頼関係が大きく壊れてしまっているのは、非常に嘆かわしいことです。

 

 

 

 

 

手術を受ける受けないかどうかは、最終的には本人の意向次第になります。

しかし、専門家の言うことは説得力があるのも事実です。

白内障の治療は手術以外にもございます。

なにも手術だけが白内障の治療ではございません。

信頼できるお医者様をみつけ、しっかりと自分にとって大切なものを見極めて行動してみてくださいね。

 

15-1

 

 

→安全規格CEマーク認可!クララスティル

関連記事