私たちの目によい睡眠のとり方を心がけましょう。

私たちの目によい睡眠のとり方を心がけましょう。

目によい睡眠のとり方を心がけましょう

 私たちの目によい睡眠のとり方を心がけましょう。。

「質のよい睡眠」をとることは、身体の回復を促して目だけでなく心身の健康を維持するために重要です。

「質のよい睡眠」すなわち「脳と身体を修復する効果のある深い睡眠」をとることは、脳や体、もちろん目の健康を維持することに重要な役割を持ちます。

睡眠不足が続くと、身体の修復・再生する成長ホルモンの分泌が阻害され、免疫機能は低下して疾患リスクが高まり、疲労が回復されにくく、慢性的に不健康な状態になってしまいます。

近年は睡眠が阻害される環境や生活習慣、ストレスなどが要因となり、5人に1人が「睡眠障害」に悩んでいるといわれています。

生活に支障をきたす睡眠障害がある場合は、専門医を受診し、適切な治療が必要となりますが、ここでは、なるべく「質のよい睡眠」をとるためのアドバイスをみていきます。

 

 

  自分の仕事や家庭も環境に合わせて、少しずつ実践できることから始めてみましょう。

 

 

15-1

 

 

・8時間睡眠にこだわらない

平均して睡眠時間が6~10時間くらいであればよい。
体質や年代、日中の活動量により必要な睡眠時間は異なる

 

・自分にあった睡眠誘導方法を見つける

40℃未満のお湯に30分程度の入浴、ストレッチ運動、軽い読書など

 

・日中のストレスを解消する方法を見つける

日中にストレスを感じると脳が覚醒して睡眠への移行が上手くいきません。
無理して寝ようとせず、本を読むなど1度リラックスして眠くなってからもう一度床につく
ようにする

 

・同じ時刻に毎日起床する習慣を身につける

早寝早起きではなく早起きが早寝に通じる。起床後はなるべく早く日光を浴びること

 

・就床前の4時間のカフェイン摂取、就床前1時間の喫煙は避ける

カフェインの覚醒作用は摂取後30~40分後に現れ。4時間程度持続する。
煙草に含まれるニコチンは交感神経を刺激して、数時間効果は続く為、注意。

 

・夜は明るすぎない証明を

寝室の明るさはおぼろげに物の形が見えるくらいの20~30ルクス。
室内が明るいと体内時計のリズムが崩れる。
睡眠に最適な室温は夏期26~28℃、冬期16~22℃。湿度は季節に関わらず
50~60%の範囲内とされる。

 

・規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣

朝食は心と体の目覚めに重要。規則正しい食事で消火器系がスムーズに
働くようになる。

 

・昼寝は15時以前の20~30分で。17時以降は控える

17時以降は夜の睡眠を妨害してしまう。30分以上の昼寝は睡眠に結び付くので注意

 

 

クララスティルはコチラ!(白内障目薬治療法)

 

 

関連記事

  • 白内障の手術後のケア白内障の手術後のケア 白内障の手術後のケア 白内障の手術は、片目であれば5~10分ぐらいで終わります。ですが、手術が終 […]
  • 白内障の手術以外の治療方法白内障の手術以外の治療方法 これまでは「目薬では白内障の進行を遅らせる効果しか期待できない」「白内障の治療には手術(水晶体を除 […]
  • 白内障の目薬白内障の目薬 白内障の治療として思い浮かぶのは、点眼薬もしくは手術の2択だと思います。今回は点眼薬のほうに視点を […]