【紫の食べ物】とビタミンA・C・Eで目がぐんと若返る

【紫の食べ物】とビタミンA・C・Eで目がぐんと若返る

■生活習慣の中でも、食事の改善が特に効果的

目の病気を引き起こす最大の原因は間違った生活習慣です。その中でも特に強く影響するのが

食生活です。ストレスや睡眠不足、喫煙や紫外線などによって、日常的に体内で発生する活性酸素は、私たちの細胞を酸化させ、血液をドロドロにして、老化を促します。そして、動脈硬化や癌、心筋梗塞などの病気を引き起こすのです。

体と同じように、目の血流悪化は白目が真っ赤になる結膜下出血や、まつげが眼のなかにある逆さまつげ。物がゆがんで見える中心性網膜炎などの原因となります。

ひどくなると、白内障、緑内障、黄斑変性症を引き起こします。

実は目は体の中でも特に活性酸素の被害をうけやすい器官でもっとも栄養素を消費する器官でもあります。

しかし年をとるにつれて、活性酸素から細胞を守る抗酸化物質が減少し、視力低下や眼精疲労といった目の老化が目立つようになります。そこで、活性酸素から目を守る頼もしい食材を紹介します。

 

 

 

 

抗酸化成分を積極的に補うことが大切

特に意識摂取したいのが、抗酸化作用の強いビタミンA・C・Eです。

ビタミンAは網膜にある光を感じるロドプシンという物質を作るのに役立ちます。明るい場所から急に暗い部屋に入ったときに、目が慣れてだんだん物が見えてきますが(暗順応)ロドプシンが不足すると物が見えるのに時間がかかったり、暗いところで目が見えない夜網症になったりします

 

ビタミンAは鶏レバー、乾しのり、うなぎ、にんじん、ほうれんそう、小松菜などに多く含まれています。

ビタミンCは、細胞同士を結び付けるコラーゲンを生成し、血管や骨、筋肉など全身の器官をつくりだすのに役立ちます。

免疫力を高め、疲労回復や風邪予防、美容にも効果があります。

ストレスやアルコールの摂取量が多い人、タバコを吸う人は特にビタミンCを意識して取り入れましょう。

レモン、小松菜、パプリカ、ブロッコリー、アセロラなどに多く含まれております。

ビタミンEは活性酸素による攻撃から細胞を守り、老化を防ぎます。

コレステロールの酸化を防ぎ、高血圧、心臓病の予防にもなります。

ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類、アボカド、かぼちゃ、鮭、いわしなどに豊富です。

そして、ビタミンE以上に抗酸化作用をもつのがポリフェノールです。今回はポリフェノールの中でも特に目にいいアントシアニンを含む【紫の食べ物】を紹介します。

アントシアニンはブルーベリーやなすなどに含まれる紫いろの色素成分で、ビタミンAと同様にロドプシンをつくり、暗順応の機能を助けます。

毛細血管を強化して血行をよくする働きもあるため、視力低下や眼精疲労に効果があるというわけです。

ぜひ毎日に食事に取り入れてください。

 

 

 

 まとめ

 

今回は、目の健康と食生活について述べさせて頂きました。

目の健康は普段なにげなく食しているものからでも、対策できるものです。

逆に、脂っこいものなど食生活の偏りによっては、目の健康に害を及ぼす可能性もあります。

紫色の食べ物など、普段の食生活から意識づけを行い、健康な状態の方でもキープして

いけるように取り組んでいきましょう。

白内障予防に期待大!クララスティル

 

関連記事