加齢以外が原因で発症するさまざまな白内障

加齢以外が原因で発症するさまざまな白内障

白内障は老化による生理現象だとされていますが、他の発生要因についてもみていきましょう。

 原因別の白内障

以下、原因別による白内障をご紹介させて頂きます。

  • ・糖尿病白内障

糖尿病は、すい臓から分泌されるインスリンが不足したり、作用が弱まることで、血糖値が高くなる病気。糖尿病白内障とは、糖尿病の合併症として発症するもので、糖の代謝異常が水晶体をにごらせるといわれています

・アトピー性皮膚炎白内障

皮膚にかゆみをともなう湿疹などの症状が現れるアトピー性皮膚炎。かゆみを抑えるために目をかいたり刺激を与えると、白内障になる確率があがります。

・ステロイド白内障

体のかゆみを抑える、ステロイドなどの薬を服用している場合、白内障の発症率が上がります。
人によって体質が異なるため個人差はありますが、薬の副作用で水晶体の後嚢の中央部が混濁し、白内障になる確率が高まるのです。

 

・外傷性白内障

運動をしている時に目に怪我をすると水晶体にもダメージを受けます。

それにより起こる白内障を外傷性白内障といいます。

 

・紫外線白内障

紫外線により、活性酸素が眼球内に発生、水晶体を構成するものの一つであるタンパク質を酸化させるため、白内障の発症率や進行率もあがります。

赤外線や放射線も同様の理由で水晶体の透過性と弾力性を低下させるので、やがて白内障になりやすくなります。

 

・ 先天性白内障

生まれつき水晶体が濁っているために白内障になる眼病のことです。
親が白内障ならば遺伝で白内障になることもあります。
また母親が妊娠中に風疹にかかると、うまれつき白内障になる可能性があります。

 

images (1)

 

 

 病気や薬の副作用、外傷などが原因の併発白内障

 

年を取れば誰もが発症する白内障。しかし、加齢以外に「病気」「薬」「外傷」「紫外線」

「生まれつき」といったことが原因でかかる「併発白内障」もあるのです。

 まず、病気によるものとして、「糖尿病白内障」があります。

これは、糖の代謝異常が水晶体をにごらせると考えられているのです。

残りが、若い人でも急激に進行する「真性糖尿病白内障」です。

また、体のかゆみが止まらないアトピー性皮膚炎の人も目のまわりをかくことで「アトピー性皮膚炎白内障」にかかりやすくなります。

 薬の副作用で生じるのが、「ステロイド白内障」。ステロイドは炎症を抑えてかゆみを軽減させますが、長期間大量に使うと水晶体の後嚢の中央部分が混濁します。

また、統合失調症に処方される抗精神病剤も副作用が強く、白内障との関連が指摘されております。

怪我によるものは、「外傷性白内障」といいます。

また怪我ではありませんが、光を浴びることで起こる「紫外線白内障」は毎日、海に出ている漁師などもかかりやすいもの。

 紫外線が水晶体のなかに入ると、眼球のなかに活性酸素が発生するからです。

 最後が「先天性白内障」です。例えば、女性が妊娠中に風疹に感染すると、胎児の目、耳、心臓などにも悪影響がでて、生後に白内障になる場合があるのです。

 なお、水晶体は一度白濁すると自然治癒では治らないことを覚えておきましょう。

 

 まとめ

今回は原因別による、白内障の症状についてご紹介させて頂きました。

最も多いとされる加齢性白内障ですが、それ以外にも糖尿病性や目に衝撃などを受けたことが原因による外傷性のもの、先天性のものなど他にも、原因が様々ございます

紫外線型、ステロイド型など生活習慣の影響によって発症するものなどもございますので、日常で対策が行える部分に関しましては、しっかりと把握しておきましょう。

 

 

関連記事