白内障の症状とそれに伴う治療方法について【まぶしさ】【外傷性】

白内障の症状とそれに伴う治療方法について【まぶしさ】【外傷性】

白内障の症状とそれに伴う治療方法について【まぶしさ】【外傷性】

白内障が発症すると日常生活において、見え方に変化が生じて不便に感じる点が数多くあるかと思います。
具体的な例をあげると、外出の際に日の光(夜のネオンの光なども)がまぶしく感じるなどの兆候などが挙げられます。
自分に当てはまる症状を確認して頂き、白内障の疑いのある場合は早期発見、適切な治療を行っていきましょう。

publicdomainq-0008739nry

 

 

まぶしくて目を開けていられないことがあります。白内障でしょうか。

 

 

まぶしさを感じるという点では白内障の症状に近いものがあります。

水晶体の緑の部分から濁りが生じる皮質白内障の場合、濁りの部分に光が入ると乱反射してまぶしさ

を感じるようになります。

皮質白内障の患者さんの7割くらいは「まぶしい」という理由で診察にこられることが多いようです。

検査の結果、白内障とわかって「まさか自分が白内障とは思いませんでした」と話します。

まぶしさを感じるようになってきたのであれば、白内障の可能性がありますので、眼科を受診することをおすすめいたします。

 

片目だけ白内障になる場合も

 

 

「片目だけ白内障のような症状が出ているのですが、片目だけ白内障になることもあるのでしょうか」

白内障の症状が出ている方の目が「外傷性白内障(=ケガが元で起こる白内障)になっている可能性が高いと予想されます。

というのも、一般的な白内障は、基本的には片方の目にだけ発症するということはないからです。

白内障のなかでも最もポピュラーな加齢性白内障の場合、多少の左右差はありますが、多くの方が両目同じように進行していきます。

ですので、白内障らしき症状が出ている方の目が外傷性白内障になっている可能性が高いです。

以前、症状が進んでいる方の目にケガをしたり、ケガまでいかなくとも目を強くぶつけたり、

ボールがぶつかったりした経験はありませんか。

ケガをした当時、病院で「今のところ、目立った症状はありません」といわれていたような場合でも、目を強く打ったときの衝撃で、徐々に水晶体が濁ってきてしまい、白内障を発症することがあるのです。

 

外傷性白内障の手術

 

・チン小帯が切れていると難しい手術になる

外傷性白内障を発症している人の場合、水晶体を包む袋(嚢)を支える役割をする「チン小帯」という組織が外傷によって傷つき、切れて弱っていることがあります。

チン小帯は糸状になっており、トランポリンが沢山のケーブルで「ベット」と呼ばれる部分を

支えるように、水晶体を支えています。

トランポリンのケーブルのうち相当数が切れてしまったら、もはや「ベッド」を支えることはできません。

同様にチン小帯が切れている状態だと、濁った水晶体を取り除いて人工眼内レンズを代わりに入れる際、その眼内レンズを入れる嚢を支えるはずのものが「ない」ということなのです。

そうなると白内障手術の難易度が一気に高くなります。

というのも、人工眼内レンズを入れる際、目の奥に落下させてしまう可能性が高くなるからです。

それを防ぐために嚢を目の中に固定するCTR(水晶体嚢拡張リング)と呼ばれる装置を使うのですが、この装置を扱うことのできる眼科医は日本眼科学会の定めた講習を受講した医師に限られているため、「どの病院でも行える」というものではないです。

もし、CTRを扱うことのできない眼科クリニックで手術を受けて、人工眼内レンズが目の奥に落ちてしまった場合、手術の形式が白内障手術から硝子体手術に切り替わります

眼科の専門領域は細かく分かれているいるため、白内障の手術を行える眼科医が目の奥の領域である硝子体手術もできるとは限りません。

すぐに別の病院で硝子体手術を行えればいいですが、受け入れ先がないと、水晶体も人工眼内レンズもないまま、目が見えない状態で、白内障手術を切り上げられてしまいます。

こうしたトラブルを未然に防ぐためにも病院選びは慎重にしたいものです。

 

片方だけに白内障の症状が出ている方は、

①外傷性白内障かどうか確認する

②外傷性白内障と診断されたらCTRを扱うことができ、さらに硝子体手術もできる眼科を探しだす

というふうにクリニック選びを慎重にさえたほうがいいでしょう。

【公式】クララスティル点眼薬取り扱いサイトはこちら