知っているようで知らない目薬の正しいさし方

知っているようで知らない目薬の正しいさし方

白内障の目薬の話をさせて頂きたいと思います。

眼科でしか、目薬は使いません。飲み薬より使い方が大切です。これを知らないと薬の効果が半減してしまいます。副作用もでやすくなります。

では、目薬のさしかたはどのようにするのがよいでしょうか。

「目をパチパチする」「目薬を2滴入れる」「目薬容器を下瞼につけていれる」

 

これは全て正しくない方法です。

知っているようで知らない目薬の正しいさし方

正しい目薬の仕方

 

1 手を綺麗にします

2 あっかんべーをしてそこに触れないように目薬を入れる

 

3 目を軽く閉じて目頭を押さえる(手術後などは控えてください)

 

4   あふれたものをティッシュでふきとる

 

5 2つ以上あるときは間を5分おく

 

11014027058

 

特に手術前後は手を綺麗にして目薬をしたいものです。

ばい菌止めの目薬をする手が汚れていたら意味がありません。

目薬のビンが目に触れてしまうとばい菌が目薬の中に入ってしまいます。

触れないように注意しましょう。

目をパチパチすると効果が半減します。軽く閉じていましょう。

手術後は眼を間違えて押すと困ります。しかし、手術前は目頭を軽く抑えるといいです

実は、目薬は眼に入ると鼻に通ってその後、口に流れていきます。

ですからたまに「目薬をさしたら苦い味がした」という不思議なことが起こるのです。

目薬ですから、目にしっかりと聞かせるために目頭を押さえ、目に溜まるのが有効になるわけです。

ティッシュでふくときに目の周りをふきたくなります。2種類以上目薬をさす場合は、1種類目の目薬をさして、すぐに次の薬をつけると前の薬が流れてしまいます。5分、間隔をあけましょう。

慣れるまで面倒かもしれませんがここに注意するだけでも効果が違います。

 

 

gf01a201503301700