白内障の治療の目的は水晶体の濁りを取ること | 白内障の目薬治療法

白内障の治療の目的は水晶体 の濁りを取ること

白内障の治療の目的は水晶体 の濁りを取ること

白内障の原因は「水晶体の混濁」です。
ゆえに白内障の治療の目的は水晶体の濁りを取ることです。

白内障と診断されても、日常生活に支障がなければ、白髪やしわと同様に、加齢による変化なので、すぐ処置を施さずに「経過観察」をして、しばらく様子を見るという選択がなされることもあります。
ただし、この場合も定期的に眼科受診を継続することは欠かせません。

初期症状で、視力低下がそれほど進んでいない場合は、進行を遅らせるため「薬
物療法」が行われます。しかし、処方される点眼薬や内服薬で、白内障の進行が
止まり、水晶体の濁りが解消されるわけではありません。

根本的に治すためには「手術」が必要となります。

手術法は症状に合わせて、水晶体超音波乳化吸引術、水晶体設外掲出術、水晶体嚢内摘出術などが選択されます。

白内障の治療目的は低下した視力を回復させるため「水晶体の濁りを取る」ことです。

「白内障治療の進め方」

①診断される

新聞などの小さい字が読めない

自動車運転免許の更新

外に出ると、以前よりまぶしく感じる

 

☆職業や年齢、生活スタイルにより、不便を感じることに個人差がある。具体的に支障があることを医師に伝えよう。

②されない場合

以前より見えにくいが、大きな不憫は感じない→経過観察・薬物療法(定期的に検診)

 

「白内障」の治療の目的は水晶体 の濁りを取ること

 

「白内障」の「薬物療法」は、症状の進行を少し遅らせるために処方されます

 日常生活を送るうえで大きな支障があるほどではないが、以前に比べて、目がかすんでいるように感じる、ものがぼやけて見えるなどの症状があり、白内障検査の結果、著しく視力低下が認められない場合、「薬物療法」が行われます。

白内障の薬として、点眼薬や内服薬がありますが、主に目薬として、直接目にさす点眼薬が用いられます。

代表的な薬として、白内障の初期に効果がある「ピレノキシン」 があげられます。
この薬は、水晶体を濁らせるたんぱく質の変性を防ぐことで、透明性を維持する
はたらきがあるといわれています。

しかし、現在は白内障の薬物治療により水晶体の濁りを解消して、症状の進行
を止めることはできません。薬物療法を続けながら、視力低下が進んで生活に支障が出る場合は、手術を検討していきます。

 

ozpa87_megaitaindesu20130707_tp_v

 

 

白内障の「手術」を受けるタイミングは、生活に不便さを感じるようになった時です

 

白内障の「手術」を受けるタイミングは、患者さんによって個人差はあますが、
日常生活で不便を感じるようになった時です。り
手術を考える目安として、自動車 |種免許更新が不可能になる矯正視力0.7未満、
新聞の小さな字が読めなくなる0.4未満などがあげられますが、年齢や職業、生活
スタイルによって異なってきます。

手術のタイミングは、基本的に患者さんの希望で決められますが、医学的な観
点から、手術の時期の調整を要するケースもあります。

白内障の症状がかなり進行しており、放置しておくと縁内障やブドウ膜炎など、
他の目の病気を併発する可能性がある場合は、医師より早めの手術をすすめられ
ることがあります。

糖尿病網膜症があり、手術によって網膜に悪影響が及びそうな場合は、糖尿病の治療が優先されます。

コンタクトレンズを長期間使用、眼科手術を受けたことがある人は、角膜の透過性を保つ角膜細胞内の数が減少している場合があり、手術は見送られます。

近視が強く、白内障の進行の仕方に左右の目で差が大きい場合は、両目の症状の進行具合が揃った段階で手術を検討します。

 

白内障の目薬の副作用・他との併用について

 

 

 

クララスティル

手術以外の治療方法として、白内障治療点眼薬「クララスティル」を紹介させて頂きます。

クララスティルとは、マーク・バビザエフ博士により発見され、酸化防止効果は期待されるNアセテルカルノシン溶液を1%含み、ヨーロッパにおいて医薬品として安全規格CEを取得しており、既にヨーロッパ・ロシア・東南アジアなどで4年間以上にわたり広く使用されています。

手術を避けたい方など白内障の治療薬として、期待されているものの1つであります。

 

3ac0b0679b975c532184e5ef6be9255a_m

 

Nカルノシン点眼薬 クララスティルはコチラ!