犬の白内障の治療点眼薬ドッグクララスティルについて

犬の白内障の治療点眼薬ドッグクララスティルについて

白内障の治療点眼薬 ドッグクララスティル 」はご存知でしょうか。

クララスティルは人間用の他に犬用もございます。

今回はドッグクララスティルについての記事となります。

犬の白内障とは

犬も人間と同じように加齢によって目の疾患にかかりやすいものです。

その中の代表的な例として「白内障」があげられます。

犬の目の構造は人間と似ている部分が多く水晶体が濁ってしまうなど同様の症状は見受けられるものの、白内障に対して人間と違うこともございます。

まずは、発見が遅れがちになってしまうことです。白内障や緑内障といった病気の治療として大切になってくるのは、早期発見です。白内障の症状の特徴として挙げられる、水晶体が白濁している、歩く際に壁にぶつかるといった症状を見逃さないようにすることも飼い主の重大な役割となります。

次に、手術についてです。

犬の白内緒手術はリスクも高く、手術ができる場所も限られているといわれております。
そのため手術を選択しようにもコスト面なども踏まえて考慮しなくてはいけません

 

ドッグクララスティル

 

公式サイトによると、ドッグクララスティルとは目の中で天然のアミノ酸、カルノシンに転換し、目の水晶体の酸化を抑制する、Nアルセテルカルノシン溶液を1%含有する点眼薬です。

つまり、白内障の原因である水晶体の酸化を抑制する効果が期待されます。

今まで市販されているカリーユニ点眼薬、サプリメントでは白内障の進行を遅らせる程度とされてきましたが、ドッグクララスティルでは、白内障の症状改善の効果が期待されるものです。

%e7%8a%ac1

 

 

ドッグクララスティルの口コミ

1 徐々に水晶体の白濁がとれてきて今では目立たなくなってきました(8歳 トイプードルの飼主さん)

愛犬が加齢による白内障にかかってしまい、散歩など最中など不便を感じている様子でしたがドッグクララスティルを使用して2ヵ月目頃から効果が表われはじめました。現在5ヶ月目になりますが、
今では殆ど目立たなくなりこれからも使用し続けようと思っています。

2 友達の紹介で使用致しました(5歳 コーギー犬の飼い主さん)

愛犬が糖尿病性白内障になり、困っていたら友人に紹介されました。
最初は嫌がっておりましたが、慣れてきてからは素直に使用でき、散歩の最中に壁にぶつからなく
なりました。制限されていた日常も改善されてきてして愛犬と楽しく過ごしております。

3 手術以外の選択肢がありよかったです(10歳 ダックスフンドの飼い主さん)

加齢性の白内障になってしまい,高齢であるがため手術することも難しく、処方してもらった
カリーユニの点眼薬でなんとか対応しておりましたが、症状も改善されず不自由に感じておりましたが、クララスティルを利用して改善されるようになりました。