他の病気によって起こる白内障 | 白内障の目薬治療法

他の病気によって起こる白内障

「糖尿病」や「アトピー性皮膚炎」などの他の病気によって起こる白内障があります。「糖尿病」や「アトピー性皮膚炎」などの他の病気によって起こる白内障があります。白内障の多くは、加齢によるものですが、病気や薬の副作用, 外傷などから起こる病気によって起こるものを「併凳白内障」といいます。

糖尿病は、合併症としてよく知られている「糖尿病網膜症」だけでなく、「糖尿病白内障」にも注意が必要です。高血糖によって、若年期から急激に進行する「性糖尿病白内障」と、「加齢性白内障」と合併して起こる「仮性糖尿病白内障」があり、糖の代謝異常から水晶体が濁るとされています。

アトピー性皮膚炎は、皮膚がかゆく、赤くなる病気ですが、目のほとんどの部位に影響します。

水晶体の免疫の弱さや、ステロイド薬の副作用などが原因と考えられていますが、眼の周囲の強いかゆみを抑えるため、かくだけでなく、手で叩いてしまうことで「アトピー性皮膚炎白内障」を引き起こしてしまうようです。

 

他の病気によって起こる白内障

薬の副作用により起こる白内障

ステロイド白内障」など薬の副作用により起こる白内障があります。

 

リウマチやアトピー性皮膚炎などの炎症を抑えて、痛みやかゆみを軽減するス
テロイド剤は、内服薬、注射薬、関節注入用薬、外用薬、吸入薬、点眼薬、眼軟
膏など幅広く使用されている薬ですが、長期間大量に使用していると、副作用と
して白内障を発症することがあります。「ステロイド白内障」は、水晶体の後嚢の
中央部が混濁する症状があらわれます。

特に目の周りの皮膚は薄く、ステロイド
剤の体内吸収率も高いため、眼軟膏などをぬる場合は注意が必要です。

また、統合失調症などに使用される、中枢神経や自律神経のはたらきた抑制
る抗精神病剤「クロルプロマジン」も副作用が強く、白内障を引き起こす関係性
があるとされています。

加齢性白内障の症状で眼科受診をしていても、過去に病気で使用していた薬が
あり、気になる目の異常があった場合は、医師に相談してみることが必要です。

 

白内障原因別の症状

・糖尿病の合併症のうち、白内障にも気をつけよう

若年期に起こる、「真性糖尿病白内障」と「加齢性白内障」合併して起こる「仮性糖尿病

白内障」がある。

 

・アトピー性皮膚炎白内障

かゆみが治らないアトピー性皮膚炎によって起こる白内障に注意しよう。

かゆみを抑えるために目の周囲を叩くと白内障の原因になる。

 

・ステロイド白内障

リマウチやアトピー性皮膚炎などに使用するステロイド剤によるもの

クロルプロマジン白内障

統合失調症などに使用する抗精病剤によるもの

 

どの薬の副作用が白内障を引き起こすのか、判断は難しい。現在使用中の薬だけでなく、過去に使用していた薬も含めて医師に相談してみよう。

 

自宅でのケア

 

 

まとめ

白内障は他の病気によって併発する形でも発症するとされており、併凳白内障といわれております。

また、ステロイド剤など治療薬によって副作用として発症されることもあるとされており、併発を防ぐためにも、しっかりと自分が使う薬の効能なども把握し、異常がみられた場合は直ちに医師に相談することが、白内障のへの対策の1つとして考えられるのではないしょうか。

 

 

OZPA87_shinsatusuruisya20140321_TP_V

 

Nカルノシン点眼薬 クララスティルはコチラ!