ものを見る「視覚」の機能とはどのようなものでしょうか

ものを見る「視覚」の機能とはどのようなものでしょうか

ものを見る「視覚」の機能とはどのようなものでしょうか。

私たちは、8割近くの外部からの情報を「視覚」から得ていますが、果たして「視覚」とはどのようなものでしょう。

「視覚」には、明暗を見分ける「光党」、色を見分ける「色覚」、形左見分ける
態覚」の3つの機能があり、これらを使って映像をとらえています。

 また、「視覚」には、左右の目を使った「両眼視機能」も備わっており、両目同
時にものを見る「同時視」、左右それぞれの目の像を重ね合わせる「融像」、左右
の目で見た像によって立体感や遠近感を得る「立体視」の3つの機能が含まれます。

 この両目の視線にズレが生じるものを「斜位」、両目が同時に機能しないものを「
」といいます。

これらの視覚の機能をもちいて得られた視覚情報が脳に送られて、
私たちはものを「見る」ことができるのです。

 

ものを見る「視覚」の機能とはどのようなものでしょうか

「見る」とは、視覚情報が脳に送られて認識されることです

 

私たちが視覚を使って「見る」とは、どのようなことでしょうか。

それは、眼球から入ってくる外部からの視覚情報が網膜の視細胞により電気信号に変えられ、視神経乳頭から「視神経」を通して後頭部にある「視覚野」に送られて脳で映像
が認識されることです。

眼球で集められた視覚情報を伝える「視神経」は、約100万本の神経線維が
束になっており、いわば電線の役割を果たします。

また、「眼球」「眼球付属器」とともに、目を構成する3つの部位の重要なひとつです。

左右の眼球から出た「視神経」は頭蓋骨に入って交叉(視交叉)し、半分ずつ
左右に分かれて「外側膝状体」という中継地点へ向かい、「視放線」を通って、大
る後頭葉の「視覚中枢」に達し、視覚が生まれます。

この経路を「視覚路」といいます。

bc93df0bf7498b6059e0205ab916d694_t

 

 

「目」は3つの部分から構成され、眼球は6つの筋肉で動かされています

私たちの生活に欠かせない「視覚」ですが、その大切な役割を担う「目」のしくみはどうなっているのでしょうか。

目は、外部から視覚情報をとらえる「眼球」、眼球を保護する涙腺や瞼などの
眼球付属器」眼球から得た情報を脳に伝える「視神経」のうち3つの成分から成り立っています。

そして、これらは眼球を動かす筋鞘に覆われた6本の外眼筋と眼球を保護する
眼窩皮下脂肪、血管などとともに、眼窩骨膜が張られた眼窩という頭蓋骨のくぼみに収まっています。

6本の外眼筋には、目を上下左右に動かす4本の直筋と斜めに動かす2本の斜
筋があります。

上直筋と下直筋、内直筋及び下斜筋は動眼神経、外直筋は外転神経、
上斜筋は滑車神経と繋がり、あらゆる方向に眼球を動かす役割を果たします。

 

 

まとめ

今回は白内障のお話しではなく、目のしくみについて紹介させて頂きました。

専門的な単語も多くございましたが、大人になってからは、

学ぶ機会の少ない、目の機能について理解し、

より日常的に目のことを考えて生活することで、白内障などの病気

に対しても、早期発見、治療を行うことの手助けになればと思います。

 

 

 

842_2

 

 

Nカルノシン点眼薬 クララスティルはコチラ!